ネックラインの種類と引き方は?効果的な手法も解説

これ知ってる? ネックラインの 種類・引き方・手法

ネックラインは、天井・大底パターンで売買チャンスを見つけるのに役立つラインの1つ

ネックラインが引けるチャートパターンを見つけたらラインを引いてみて値動きの状況を確認するようにしてみると良いでしょう。

ネックラインってなあに?

まりえ

天井・底値パターンで使うサポートとレジスタンスラインの一種。

FXや株式相場は天井と底値圏になると特有のチャートパターンを作りますが、チャートパターンがその後どのように動いていくのかを予測するために利用するのがネックラインです。

その名の通りトリプルトップなどの首元にあたり、そこが値動きの起点です。

トレーダーたちが意識しやすいポイントなので、ネックラインを参考にすれば市場参加者の動きを探ることができ、また自身の思惑通りのトレードを行いやすくなります。

実際のチャートでネックラインを見てみよう!

ネックラインを引いたチャート

このチャートはトリプルボトム(逆三尊、逆ヘッドアンドショルダーズ)の例です。

まりえ

トリプルボトムの形状を見つけた際にネックラインを引くことで、売買の攻防が起こりやすい地点を見つけられ、そしてエントリーポイントの目安にもなります。

もちろん、このエントリーすべきは売買の攻防ラインであるネックラインの地点です。

ネックラインはリターンムーブのサポートラインとして機能

ネックラインを上抜けたら今度はそれがサポートとして機能する傾向があります(天井パターンではその反対ですね)。

ネックラインがリターンムーブのサポートラインとして機能しているチャート

ネックラインを上抜けてダブルボトム(ダブルトップ)やヘッドアンドショルダーズなどの天井や大底パターンが完成された後、ローソク足が折り返してくる自律反発が起こることも。

これはリターンムーブと呼ばれ、ネックラインを割り込むことはないのです。

このようにネックラインがブレイク後は、それまでと逆の抵抗線として機能するようになるんですね。

ネックラインは、どう引けばいいの?

ネックラインが引けそうなパターンが見つかったらどんどん引いてみて^ – ^
その際いくつかのポイントがありますのでご紹介します。

ダブルトップ・ダブルボトム

ダブルトップ、ダブルボトムにネックラインを引くときは基本的には2つの高値、安値を結んだ線と平行に線を引きます。

ダブルトップとダブルボトムの引き方

ダブルトップであれば1つ目の高値と次の高値を結ぶ線を引き、その線と平行となる線を安値を通過するように引きます。

ダブルボトムでは1つ目の安値と2番底となった2つ目の安値を結ぶ線を引いて、その線に平行となる線を高値を通過するように引きましょう。

とはいえ、過去の重要ポイントが多数ある水平線とネックラインが重なることもあり、必ずしも平行線にこだわることはありません

まりえ

明確なネックラインが見つかればその線を採用した方が良く、ネックラインがまだ不確定の場合は平行線で線を引いてみて値動きを観察していくと良いでしょう。

何回もネックラインを引いていると自分にとって分かりやすい線の引き方が分かってきますので、まずはダブルボトムを疑ったらネックラインを引いてみることを習慣にしておくと相場観を鍛えることができます。

トリプルトップ・トリプルボトム

この場合、高値から切り下げた安値のポイント、安値から切り上げた高値のポイントを結ぶ線を引きます。

トリプルトップとトリプルボトムの引き方

切り上げたポイントが2つあるので、その点と点をつなげればよいのでネックラインが比較的引きやすいですね。

2つの価格のポイントを結べば良いので、線は斜めになっていても水平線になっていても特に気にすることはありません。

最初はダブルトップ、ダブルボトムの形状をとっているので、まずはダブルトップのネックラインを引いて、それをブレイクするのかを観察しましょう。

ブレイクせず再び底を付けて上がるパターンがトリプルトップなので、そのとき再びネックラインを引いて、続く値動きを推測するようにします。

ネックラインでエントリーポイントが分かる

ネックラインで、天井または大底のエントリーポイントを見つけられます。

まりえ

天井or底値でエントリーすればトレンド転換の直後に参入できるので、大きな利益を狙えますね!

ネックラインではネックラインを勢いよく上抜ける、ネックラインに跳ね返されて下降する、ネックライン付近で揉み合う、の3通りのシナリオが考えられます。

ダブルボトムの場合、ネックラインを上抜ければ買いエントリー、ネックラインに跳ね返された場合は売りエントリーで前回の安値を目標値とする、揉み合いの場合は見送り、となります。

ネックラインでエントリーポイントを探る

このチャートの場合、ネックラインに差し掛かる前からローソク足が大陽線となっており、直前の複数の陰線を打ち消していることからも上昇に勢いがあることが分かります。

このようなパターンではグッと上がる見込みがあるので、ネックラインを上抜けたら買いエントリーです。

ネックラインは価格の目標値の推定に使うこともできる

天井・大底パターンではネックラインを引くことにより、ネックラインブレイク後の目標値を見つけることができます。

ネックラインは価格の目標値の推定に使える

一般的にトリプルトップ(トリプルボトム)、ダブルトップ(ダブルボトム)の頂点からネックラインまでの距離は、ブレイク後の目標値と同じ距離になることが多いです。

ブレイク後の目標値は、ネックラインから天井(または大底)までの深さと同じ距離を設定します。

このチャートを見ると、トリプルトップのネックラインをブレイクし、天井からネックラインまでと同じ距離の付近は容易に下抜けていますよね。

けれども、その後の値動きをよく観察すると、目標値として設定した値まで上昇し揉み合いに。

つまり、このチャートでは理論通り、トリプルトップの頂点からネックラインまでの距離がネックラインを下抜けた際の目標値となっていたことが分かります。

ネックラインでトレードのチャンスを広げよう

天井、大底を拾うことができれば利幅が大きくなり、効率的に稼げるようになります。

ネックラインをマスターしていれば、天井・大底パターンを見つけたときにネックラインを引いてみることで今後の値動きを予想しやすくなり、同時にラインをブレイクした時の価格の目標値も算出することができます。

ネックラインは初心者さんでも容易に引くことができるし、分かりやすい手法でなので、ぜひチャレンジしてみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


888倍のハイレバトレードができる! 入金ボーナスGet☆
XMの公式サイトはこちら
888倍のハイレバトレードができる! 入金ボーナスGet☆
XM公式サイトはこちら