FXの目線の決め方。目線を固定することのメリットは?

FXの目線の決め方。目線を固定することのメリットは?

まりえ

FXをしていると「自分は今、どのトレンドや目標値に注目してトレードしようと思っているのか」が分からなくなることがありますよねT^T

この状況に陥ると、トレード方針がコロコロ変わってしまい、頭がぐちゃぐちゃ混乱してきます。

まりえ

これを防ぐためには水平線を使って目線を固定すること!

すると、相場の状況を認識しやすくなります。

目線合わせの水平線ってなあに?

「水平線」って聞いたことありますか??
これってチャートに水平に引いたラインのことなんですよ。

この価格は世界中の多くのトレーダーが注目している水準。

ドル円週足

水平線にローソク足が跳ね返されたり、水平線上で揉み合いが起こっていますよね。
ここで価格の攻防が起こりやすいです。

売り下降の力と買いの上昇の力がせめぎ合っているイメージが思い浮かぶでしょうか??

チャートに水平線を引くと、現在の相場の状況が分かり、どのレートで注文すべきかがハッキリしますよ。

水平線のメリットとデメリットを教えます!

水平線のメリット

それは、現在の相場状況を把握しやすい点。

「今はトレンド相場??それともレンジ??」
トレンド中ならそれがどこまで続きそうか、レンジの幅はどの価格帯なのかが、水平線を引けばパッと分かりますよね。

  • ついつい目線がコロコロ変わってしまう
  • 一貫したトレードが難しい

そんな人は、ぜひ水平線を引いてみてください。

すると見るべき部分が固定されて、目的通りのトレードを行うことができます。

水平線のデメリット

線が恣意的なものになりがち

好きな場所に線を引けるので、恣意的なものになることがあるという点です。

自分でラインを引くため、本来引くべき場所に引けていないこともあります。
そのため、何回も線を引いてトレードを重ねて練習していくしかありません。

慣れるまでは水平線の引きすぎにも注意です。

水平線は引こうと思えばいくらでも引けてしまうので、全部引いた後にトレードしようとすると訳が分からなくなります。

目線の固定のために水平線を引いているのに水平線を引きまくった結果、目線が余計に固定できないということが起こりますので最初は控えめに引いてください。

水平線トレードはダマシが起こる

水平線上は価格の攻防が起こりますので水平線を突破しても再び戻ってくることが頻繁に起こります。

短い時間足で短期トレードを行うときに特にこの傾向が現れやすくなります。

ダマシには損切ルールを徹底して対策をします。

水平線の引き方

では実際にチャートを開いてみましょう。

ドル円日足チャート

1、先に大きな時間足で

初めに小さい時間足で引くとチャートが線だらけに(><)
すると、目線固定の目的で引いているのに、目線が定まらないということが起こります…。

チャートが線でいっぱいになってしまうと、どこを見てトレードをしたらいいのかの目線を失ってしまいます。

そこでまずは、大きな時間足から引きましょう。

大きな時間足の水平線は、小さな時間足の水平線よりも重要な価格ポイントとなりやすいので、線の色を変えて引いてみても良いでしょう。

2、高値安値でとりあえず

価格の高値・安値となっている場所。

具体的には2回以上ローソク足が折り返している場所があったら、とりあえず引いてみると良いです。

線を引いてみてからチャートを過去にさかのぼりましょう。

そして、以前にもこの線上がサポートライン、レジスタンスラインとなっていたり、線上で揉み合いが何度も起こっていたらそのラインが重要ポイントであることが分かりますよね。

3、キリの良いレート

価格の攻防はキリの良いレートで起こることが多いです。

なので、110.000円などのキリのよいレートにとりあえず水平線を引いてみると…やはり過去に何度もサポート・レジスタンスとして機能していることがあります。

特に個人トレーダーはキリの良い数字で新規注文、利確、損切を行う傾向があります。
だから、ここが攻防のラインとなりやすいのですね。

目線を固定したトレード手法

まりえ

水平線の突破でエントリーしたり、トレンドの目標値、つまりトレンドの頂点を水平線で予測できるんです!

なぜなら水平線上のレートは多くの人が注目していて、ここで何かしらのアクションを起こすからです。

注目している場所では価格の攻防が起こることをトレーダーは知っているので、とりあえず利確したり、新たにポジションを構築したりします。

この動きがトレンドを一服させたり、時にはトレンドを終了させたりします。

エントリーポイントを探ってみよう

ドル円日足チャート。下降トレンド。

ドル/円は大きな値動き後、緩やかな下降トレンドを描いています。
この下落はどこまで続くのでしょうか?

すぐ下に105.000円の水平線

なので、105円で一旦サポートされる可能性が考えられますよね。

105円でサポートされて跳ね返された場合、買いエントリーしましょう。

利確

108.38円付近を目標値としましょうか。

でも、その下の107円台後半に水平線は引いていませんが細かい揉み合いが複数回にわたって現れていますので、この水準での利確も◎。

もし105円を下抜けた場合

サポートをブレイクしたので売りエントリーです。
利確の目標値は102円、101円になります。

そのほか、中長期投資で買いポジションを保有しているなら、105円を下方ブレイクしたら次の目途は101円を割らない程度の水準。
101円に到達しても大丈夫な資金状況かチェックしましょう。

もし難しければ早めに損切するべきですし、問題なければこのままポジションを保有して次の目途まで耐えられそうかどうかも視野に入れながら値動きを観察していきます。

チャートにどんどん書き込んで自分の目線を固定する

目線の固定には、チャートにどんどん線を書き込んでいくことが大切。

最初は失敗することもあるでしょう。

でも少しずつ慣れていけばだんだん正確な線を引けるようになり、いつも同じ目線でトレードできるようになりますよ^_^

\月間1000pips以上の利益は当たり前/
デイトレ大百科の教材レビュー デイトレ大百科の評判は?教材暴露レビュー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


888倍のハイレバトレードができる! 入金ボーナスGet☆
XMの公式サイトはこちら
888倍のハイレバトレードができる! 入金ボーナスGet☆
XM公式サイトはこちら