【FXのA-Book(Aブック)、B-Book(Bブック)】特徴やメリット・デメリット

海外FX業者は大きく分けて2種類
  • A-Book
  • B-Book

「Aブック」「Bブック」って聞いたことありますか?
多分あまり聞きなれないでしょう。

でもFX業者がA-BookかB-Bookかチェックすることは口座開設するうえで何より大切なんです!

あなたの投資スタイルや手持ちの資金量にもよって使うべき業者は変わってきます。
なので、今回違いを知っておきましょうー!

まりえ

わたしの結論から言えば、A-BookのFX業者がオススメ

ここではA-BookとB-Bookの違いを見ていきたいと思います✨

海外FXのA-BookとB-Book

FXチャートと紙とペン

聞き慣れない言葉でちょっと難しいかもしれませんね。

これは海外FXの注文処理方式のこと。
2つあって、NDD方式とDD方式です。

簡単にまとめ
  • NDD方式を採用している業者…Aブック
  • DD方式を採用している業者…Bブック

取引方式は、特に初心者さんだとなかなか業者選びの判断材料に入らないけれど、実はとっても大切です!

顧客の注文をどのように処理しているのかは最も重要な部分。

時にはトレード成績にも関わってくるので、あなたが使っている業者やこれから口座開設しようと考えている業者がAブックなのか又はBブックなのかはしっかりとチェックしておきたいところ。

Aブック(NDD方式)とは

NDD方式とは「No Dealing Desk」の略。
ディーラーを介さずに注文を市場に出します。

NDD方式では顧客の注文はすべてそのまま市場に流されますので、確実に自分の注文が確実に市場に通る透明性の高い注文方式です。

NDD方式

メリット

透明性の高いトレードを好む海外投資家に支持されていて、海外FX業者の多くがNDD方式です。
呑みがないので「なんだ、これ!?」っていうエグいレート操作がないので安心です。

また、NDD方式はディーラーがいないため、呑み行為が行えないほか、顧客は市場とトレードすることになります。

そのため、顧客が稼げば稼ぐほどFX業者には手数料収入が入り、顧客とFX業者はWin-Winの関係です。

デメリット

スプレッドがBブックに比べて広いところです。
なので、取引コストをできるだけ抑えたい人には向いていないかもしれませんね。

NDD方式はDD方式のように呑み行為ができないため、FX業者はスプレッドで稼ぐしかありません。

なので、Bブックと比べると広いスプレッドはある程度許容しなければなりません。

B-Book(DD方式)とは

投資家とインターバンク市場の間にFX業者のディーラーが入り、実際に注文を出すのはディーラーという方式です。

主に国内FX業者と一部の海外FX業者が導入しています。

顧客の注文はディーラーが判断して市場に通したり(カバー取引)、顧客同士の注文を相殺(マリー)します。

DD方式

デメリット

注文が不透明

DD方式の問題点はトレーダー自身が自分の注文が市場に流れているのかどうかが一切分からない点です。

発注された注文を市場に通さないことを「注文を呑む」と言います。

呑み行為を行うことで、顧客は損失を被りFX業者が儲けるということが仕組みのため、透明性を重視するトレーダーには嫌われています。

トレーダーとFX業者は利益相反!?

注文が不透明なだけでなく、もう1つの特徴として顧客は市場とトレードしているのではなく、DD業者のディーラーとトレードしていることになります。

まりえ

つまり、トレーダーが勝ったらFX業者が負け、トレーダーが負けたらFX業者が勝ち、という図式が出来上がります。

個人投資家のほとんどは稼げていません。

なのでB-Book業者は何もしなくても利益が出るけれど、大きく儲けているトレーダー、特にディーラーがさばけないくらいの高速スキャルピングを大量に行って稼ぎまくっているトレーダーはBブックにとっては邪魔な存在です。

そのため、スキャルピングを禁止したり、ロット数に制限を設けている業者がBブック業者には存在します。

意図的にレートを操作したり、スリッページが起こったり、約定拒否、更にひどいと何らかの理由をつけて口座を凍結してしまうところも。

メリット

スプレッドが狭いところ。

ただ、スプレッドを狭く提供できるということは、呑み行為など、手数料以外の所で利益を出していることの裏返しとなります。

また、豪華なボーナスを出しているところもあります。

B-Book業者のブラックリストとは?

ブラックリスト

あくまでもネット上のうわさだけど…

Bブック業者で目立って稼いでいるとFX業者のブラックリストに載るという話がまことしやかに流れています。

ブラックリストに載った場合、リクオートが増えたりスプレッドが広がることが頻繁に起こると言われています。

リクオートって?
価格が表示され、注文ボタンを押したのに注文が通らず再度価格が提示されること。

リクオートが急に増えたら全額出金するのが安全

まりえ

トレード環境がしっかりしているFX業者では滅多に起こらないけれど、急激にリクオートされることが増えたら要注意です。

利用規約に違反しなければ即出金拒否にはならないけれど、これらの現象が見受けられるようになったら早めに資金を出金して、その業者でのトレードは打ち切った方が賢明です。

Bブック業者のブラックリストというのはあくまでも噂だけど、「稼げるようになったあたりから急にリクオートされたり約定拒否されるようになった」、と言っているトレーダーも実際いるので、自分の資金を守るためにも気を付けておいた方が良いでしょう。

AブックとBブックの上手な使い分けは?

札束が無限に生まれる

B-Bookはデメリットばかりが目立つように感じますが、この2つを賢く使い分けると稼ぎやすくなります。

特にBブックの豊富なボーナスは見逃せませんので両方を使い分けて賢く稼ぎましょう。

A-Bookの賢い使い方

A-Bookには取引量やトレード手法に制限がないため、スキャルピングもロット制限がなく自由に行えます。
トレーダーが稼げば稼ぐほど業者も儲かるので、派手に稼いでも大丈夫です。

B-Bookの賢い使い方

B-Bookはポジション量の多い注文やスキャルピングを嫌がりますので、トレードは1.0lot未満で行います。

ボーナスが豊富な面を活かして小ロットでのスイングトレードを行えば安全にトレードすることができます。

B-Book業者の口座では以下3点は絶対にダメ
  1. 過度なスキャルピング
  2. 大きなロットのトレード
  3. ボーナスを悪用した指標トレードやアービトラージ

スイングトレードくらいの中期的なトレードで、1.0lot未満のロット数なら問題ありません。

ボーナスを悪用して指標発表時間を狙った両建てを行ったりすると出金拒否や口座凍結につながるので、B-Book業者ではなくても絶対に行ってはいけません。

出金拒否対策のためにも、ある程度の資金が貯まったら定期的に出金することも一つの対策ですよー!

稼げるようになってきたらA-Bookに乗り換えるのがオススメ

A-BookとB-Bookの使い分け方のオススメは、

  1. B-Bookのボーナスを最大限に活用しながらトレードする
  2. 資金が増えて稼げるようになってきたところで、完全にA-Book業者に移行する
  3. A-Book業者で自由に稼いでいく

各海外FX業者の注文方式

A-Bookを採用している海外FX業者
B-Bookを採用している海外FX業者

国内FX業者はほぼ全てがB-BookにあたるDD業者です。

一方海外FXは、A-BookとB-Bookがあるので、業者を比較検討する際には注文方式を必ずチェックするようにしましょう。

A-BookとB-Book、どちらがよい?

金のなる木を育てる

FX業者がA-BookかB-Bookなのかを見極めるのは、なかなか難しいです。
どちらか一方だけでなく、両方を取り入れているところもあります。

さて、A-Book、B-Bookどちらも一長一短あります。
メリット・デメリットは上で見てきた通りですね。

わたし的には透明性の高いA-Bookを推しますが、それ以前にそのFX業者の財務状況だったり、顧客対応の質、金融ライセンスの有無なども加味したうえで、使う業者を決定しましょう。

AブックとBブックの使い分け方法

B-Book業者はデメリットが多いのも事実ですが、ボーナスの豪華さは見逃せません。

特に少額の資金から投資を始める場合はB-Book業者のボーナスを活用して稼いでいき、A-Book業者に乗り換えるのがスムーズです。

まりえ

B-Book業者ではこまめな出金をして資金管理をしつつ、A-Book業者で積極的に稼いでいくのがオススメ◎

わたしも使っているFX業者↓↓
\XMの口座開設方法を詳しく書いています/
XM XM(XMtrading)の口座開設2ステップの手順を解説【完全版】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA