Cトレーダーの使い方を解説します

cTrader

FXのトレードプラットフォームで有名なのはMT4/MT5ですよね。
実際、ほとんどの会社がMT4を採用するほどメジャーで、FX=MT4という流れが長らく続いていました。

しかし、2011年にcTraderが登場。
スキャルトレーダーを中心に人気を高めています。

そこで、トレードプラットフォームのcTraderについて解説します。

cTraderってなあに?

cTrader

2011年、Spotware Systemというロンドンの会社が開発したトレードプラットフォームです。
知名度はMT4ほどはありませんが、一部のトレーダーからはMT4以上であると高い評価を得ています。

cTraderが人気を得ているポイント(MT4にはない機能
  • 一括決済
  • 板情報を見ることができる
一括決済できるほどの約定力と板情報が閲覧できる秘密は後でお伝えしますが、cTraderがインターバンク市場に直接アクセスするDMAを採用しているためです。

cTraderとMT4の違いはどこ?

cTraderとMT4の違い比較表

両者はかなり操作性に違いがあります。

大きな違いはcTraderはECN方式のトレードを前提として開発されたトレードプラットフォームということ。

この方式はトレーダーの注文がダイレクトに市場に流れ、注文同士がマッチングするメカニズム

まりえ

cTraderのスプレッドは、インターバンク市場のそれと同じ。
透明性の高い取引をすることができます。

反対にカスタムインジやEAがまだかなり少ないので、自動売買はMT4が断然有利でしょう。
裁量でスキャルを本格的に行いたい人にはcTraderがオススメ。

cTraderの主な特徴

操作が直感的

MT4は使いこなすまでに時間がかかった記憶、ありますよね??

cTraderなら直感的な操作の設計になっているので、マニュアル無しでもすぐに扱い方を覚えられます。

また、MT4で操作できない時間帯をcTraderなら日本時間に変更可能。
表示時間でストレスを感じることもありません。

cTrader

こちらがcTraderのトレード画面です。

まりえ

左側が注文画面。
オレンジ色のSellとBuyのボタンで成り行き注文ができます。

注文ボタンの下が板情報。

左右の赤と青のバーが、その価格に売りと買いでどれだけの注文が集まっているのかを視覚的に見れます。

チャートの下は保有ポジション、オーダー履歴などのなどの情報のウィンドウです。
ポジションタブではポジション情報のほか、ポジションクローズのボタンもついてます。

オレンジ色のクローズボタンでポジションの決済です。
また、緑色のClose Allで保有ポジションをすべて一括決済することができます。

板情報を見ることができる

cTraderの優れている点が、板情報を見れることでしょう。

株では板情報は一般的なものですが、FXでは板情報はめったに見ることができないのではないでしょうか。

cTraderの板情報

cTraderはインターバンク市場に直でアクセスできるので、市場参加者の取引のボリュームを見れます。

注文する際に注文したい価格の取引量が十分あるかどうかをあらかじめチェックできるので、スリッページの心配なくトレードできます。

複数ポジション、ドテン注文が1クリックで可能

cTraderでは決済注文がワンアクションでできることが大きな特徴です。

ポジションの決済は高速スキャルピングをしているトレーダーにとってはMT4の決済方法は少し手間がかかります。

一括決済機能やドテン注文、通貨別決済などの機能はMT4にはありません。
まとめて決済したいケースでは、とても役立ちます。

約定力の面で優秀

まりえ

cTraderは、DMA(ダイレクトマーケットアクセス)を採用しています。
その約定力は圧倒的です。

注文をダイレクトにインターバンク市場とマッチングさせるので、リクオートが起こりません。

大量lotの注文も市場とマッチングしたタイミングで約定されますのでリクオートの心配なしです。

もちろん、取引制限も一切なし。
秒スキャで高回転などやり放題です。

自動売買は専門知識が必要

cTraderでもインジケーターやEAのような自動売買ツールを作ることが可能です。

cAlgoというプログラミング言語を使って作成するのですが、MT4のEAで使用するMQL4とプログラミング言語が異なる上、まだまだ日本語の情報が少ないのが現状で、プログラミングの専門知がないと難しいものがあります。

インジケーターやEAはまだ少ない

MT4に比べてインジケーターやEAもまだまだ少なく、情報もMT4対応のEAに比べて少ないです。

今はこれから増えていくことを期待して英語サイトなどを時々チェックしておくことくらいしかできません。

つまり、現状では自動売買によるスキャルピングよりも裁量スキャルピング用のプラットフォームとして利用するのがおすすめです。

本格的に裁量スキャルピングでトレードするならcTraderを採用してみる価値あり

  • cTraderは裁量スキャルピングがメイン
  • MT4は自動売買がメイン

MT4はインジケーター、EAの種類が豊富なので、自動売買がメインならこれ一択でしょう。

対照的にcTraderは、裁量でのデイトレ・スキャル、特に秒スキャや大量ロットの注文をするトレーダーにとって◎。

ワンクリック決済や一括決済など、瞬間的な判断に対応していたり、DMAで直接インターバンクに注文をマッチングさせる機能を兼ね備えているので、圧倒的に快適。

1度試してみる価値があるのではないかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


888倍のハイレバトレードができる! 入金ボーナスGet☆
XMの公式サイトはこちら
888倍のハイレバトレードができる! 入金ボーナスGet☆
XM公式サイトはこちら