スリートレーダー(ThreeTrader)を徹底解説!

Three Trader

ThreeTraderは2021年5月にスタートしたばかりの海外FX業者。
まだ新参の業者ですが、利用者からは取引条件やサービス面で評価を得ています。

【クリック!】スリートレーダーで口座開設する

ThreeTrader(スリートレーダー)の評判

デメリット

メリット


スリートレーダーの口コミもずいぶん増えてきました。

今、ホントに熱いFX業者ですね!
スプレッドの狭さや出金の早さなどを高評価する声が中心です。

また、ハッシュタグ付きでThreeTraderについてつぶやくと公式アカウントが疑問に対して回答のリプを頻繁にしています。

公式アカウントをチェックしておくと新情報やキャンペーンなどもいち早くキャッチできます◎。

ThreeTraderの基本的な口座内容

ThreeTraderの2つの口座タイプとその内容

ThreeTraderの2つの口座タイプとその内容その2

ThreeTraderの口座タイプは2種類

  1. NDD STPのPureスプレッド口座
  2. NDD ECNのRawゼロ口座

Pureスプレッド口座は取引手数料0円で最低入金額1万円。
なので、初心者から幅広い層にオススメのベーシック口座です。

一方Rawゼロ口座は最低10万円入金しなければならず、その点が上級者向けと言えるでしょう。

口座残高によるレバレッジ制限はないけれど…。

取引アイテムごとの最大レバレッジ一覧表

ThreeTraderには口座残高によるレバレッジ制限はありません。

まりえ

でも同じ通貨ペアでもレバレッジ500倍で取引できるのはメジャー通貨ペアのみ。

エキゾチック通貨ペアの取引ではレバレッジ50倍です。

取引できる具体的な銘柄

ビットコイン

スリートレーダーでは90種類もの商品をトレードできます。

USDJPYやEURUSDなどのメジャー通貨ペアはもちろんのこと、NZDSEK、CHFZARといった珍しい通貨ペアまで幅広く取り扱っています。

またゴールドやシルバー、プラチナといった貴金属にも注目です。

まりえ

「ゴールドのトレードにはスリートレーダーが最高!」という声もTwitterで多々見られるので、ゴールドを取引したいなら必ずチェックしておきたいブローカーの1つでしょう。

仮想通貨のトレードもできるのは、うれしいですね。
例えば、日本人に人気のXMだと仮想通貨トレードは現在できません。

ビットコイン、ビットコインキャッシュ、イーサリアム、ライトコインなどの取り扱いがあります。

その他の全取引銘柄に関しては、詳しくは公式サイトをチェックしてみてくださいね。

スリートレーダーのポイント制度について

スリートレーダーのポータルサイト

スリートレーダーでは、トレードに応じて貯まるポイント制度を設けています。
ポイントストアでさまざまなアイテムと交換できますよー!

ポータルサイトにログインすると、オレンジで囲んだ「ThreeTrader ポイントストア」があります。
交換できるアイテムはここからチェックできますよ✨

交換できる4つのカテゴリー

  1. キャッシュバック
  2. 電子機器
  3. Watches
  4. Collectibles

スリートレーダーのポイント交換iPhone

スリートレーダーのポイント交換(腕時計)

スリートレーダーのポイント交換(人形)

iPhoneAirPods、Apple Watch、iMacといったApple製品、ダイソンの掃除機やIH炊飯器、サムソンのゲーミングモニター、PlayStation5、腕時計など種類豊富!

上に載せた画像以外にもたくさんの商品があります。
良さげな物ばかりなので、頑張ってポイントを貯めたいですね。

キャッシュバックについて

また、商品への交換だけでなくポイントをキャッシュバックもできるので、トレード資金に充てたり、出金したり有効に活用しましょう✨

スリートレーダーのキャッシュバック

交換レート
  •  170ポイント→10USD
  •  825ポイント→50USD
  • 1,600ポイント→100USD
  • 7,750ポイント→500USD
  • 15,000ポイント→1000USD
  • 72,500ポイント→5000USD

ThreeTraderの安全性は?

金融ライセンスはバヌアツのVFSCを保有

運営会社はThreeTrader Global Limitedで、バヌアツにあります。
そしてバヌアツ金融サービス委員会(VFSC)が発行する金融ライセンスを取得しています。

住所はTITAN FXと会計事務所のAJCと同じビルに入っています。

まりえ

そして、なんとTITAN FXの取締役社長とAJCのディレクター、バヌアツ金融センター協会の会長は同一人物が兼任してるんです!

ThreeTraderもTITAN FXと何らかの関係がある可能性があります。

TAITANFX タイタンFXの評判ってどう?【業者徹底解説】

顧客資産は分別管理、信託保全はなし

顧客が入金したお金がThreeTraderの運営に充てられることはありません。

ただ信託保全はとっていません。
なので、もしもThree Traderが破綻したら安全に資産が戻ってくる保証はない点に注意しましょう。

トレードプラットフォームは何がある?

MT4のワンクリック注文パネル

使えるのはMT4のみです。
MT5はありません。

MT4を使い慣れているなら、問題なくトレードできるはずです。

またThree TraderではスキャルOKなので、EAを使ってスキャルで稼ぐこともできます。

脅威のスプレッドの狭さ!低コストのトレードが可能

スプレッドが非常に狭く、Pure口座でも十分コストを抑えたトレードができます。
実際、スプレッドがすごく狭いのですぐにプラス転換すると評判を得ています。

口座タイプと通貨ペアごとのスプレッド一覧表

どうですか、このpips✨

まりえ

特にRawゼロ口座のスプレッドはECN口座のトップクラス!

中上級者でトレード回数の多い方にとってはかなりおトクな口座ですね。

ThreeTraderの入出金方法って?

ThreeTraderは入出金方法がかなりそろっており、利便性が非常に優れています。

  • 銀行送金
  • クレジットカード
  • bitwallet
  • USDT(テザー)

入金方法

入金方法最低入金金額所要時間手数料
クレジットカード10,000円即時無料
bitwallet10,000円即時無料
USDT10,000円即時無料
国内銀行送金10,000円20分〜1時間無料

いずれの方法も最低入金額10,000円です。
わずか10,000円の投資資金で、ハイレバトレードにチャレンジできます✨

出金方法

出金方法最低出金金額所要時間手数料
クレジットカード10,000円1〜3営業日無料
bitwallet10,000円1営業日無料
USDT10,000円1営業日無料
国内銀行送金10,000円1〜3営業日無料

クレジットカードはVISA、MasterCard、JCB、アメリカンエクスプレスが使えます。

ThreeTrader側の手数料は入出金共に完全無料ですが、オンラインウォレット側で手数料が発生することがありますので確認してみてください。

クレジットカードへの出金は、ショッピングの取り消し扱いとなります。
実際にキャンセル処理が完了するまで数カ月かかることもあるので、その点も考慮して出金しましょう。

スリートレーダのボーナスって?

ボーナスはありません。
ただキャンペーンは時々行っているので、こまめに公式サイトやTwitterをチェックしてみると良いでしょう。

ちなみに、キャンペーン内容は豪華商品のプレゼントやキャッシュバックが多いです。

スリートレーダーの日本語サポートは◎

Three Traderで特に評判が高いのが、サポートデスクのサービスの手厚さ。

  • 電話窓口:平日9:00~20:00
  • メール窓口:平日9:00~20:00
  • チャット窓口:平日9:00~20:00

※いずれも日本時間

平日であれば、日本語スタッフがかなり早めに回答&丁寧に個別対応してくれますよー!

また、公式Twitterも日本語で最新情報を投稿しています。

ユーザーのリプライに対しても頻繁に丁寧な回答をしていて、他にはない手厚いサポートが魅力的ですね。

追証なしのゼロカットあり

ThreeTraderはゼロカットを採用しています。
万が一相場が急変し大損したとしても、マイナス分はThreeTraderが補填してくれるので安心です。

ちなみに、

  • ロスカットルールは証拠金維持率80%でマージンコール
  • 証拠金維持率20%でロスカット執行
となります。

スリートレーダーのよくある質問

追加口座はいくつまで?

制限はありません。
好きなだけいくつでも口座を増やせます。

両建てはしても良いですか?

両建てOKです。
別口座間での両建てもできます。

でもゼロカットがあるからと言って、それで両建てして稼いでやろう…って考えはダメ❌
プラスになった口座とマイナスになった口座間で相殺されることがあります。

レバレッジは何倍ですか?

トレードする銘柄によって異なります。

詳しくはこちらの表をチェックしてみてください。

ThreeTraderとExness、どちらで口座開設しようか迷ってます…

どちらも評判の高いブローカーなので迷いますよね。

スリートレーダーは、ポイント制度で豪華アイテムを交換できるのも魅力だけれど、何と言っても驚異の激狭スプレッドが最強です。

特にトレード回数が多いスキャルパーにとっては、スプレッドは成績に大きく関わってきますよね!

Exnessで惹かれるのは、レバレッジ無制限でしょう。
無敵のハイレバトレードが楽しめます◎。

スプレッドも口座タイプにもよるけれど、スリートレード並に狭く設定されてます。

2つともリアル口座を実際に使ってみて、用途によって使い分けたり、ゆくゆくは1本に絞っていくのがオススメです✨

スリートレーダーの口座開設方法を徹底解説!

でがさっそく、スリートレーダーの口座開設方法を見ていきましょう。

ココは、ほかの海外FX業者に比べると、手続きは非常にかんたんです。
本人確認書類のアップロードまで、5分程度で完了できますよ(๑>◡<๑)

アカウントの開設

スリートレーダー公式サイト

スリートレーダー公式サイトで「ライブ口座を開設」ボタンをクリックして手続きを進めて行きましょう。

個人情報の入力

ライブ口座開設。個人情報入力フォーム

  • 名•••(例)Taro
  • 姓•••(例)Yamada
  • Eメール•••(例)kaigaifx.daisuki@gmail.com
  • 国と地域•••リストから選択(例)Japan
  • 携帯電話番号•••頭の0を取って入力(例)8011112222

パスワードの設定

パスワードの設定画面

次にクライアントポータル(会員ページ)にログインするためのパスワードを決めます。

  • パスワード•••大文字・小文字・数字を含めて作成
  • パスワード認証•••作成したパスワードを再入力
そして「私はロボットではありません」にチェックし、「次へ」ボタンに進みましょう。

生年月日や住所の入力

生年月日や住所の入力フォーム

  • 生年月日•••西暦表示で入力
  • 住所•••市区町村に続く住所を入力(例)Shiba 2-1-2
  • 市区町村•••(例)Minato-ku
  • 都道府県•••(例)Tokyo
  • 郵便番号•••(例)107-0007
すべて入力すると、「次へ」ボタンが現れるので、それをクリックして先に進みます。

取引口座の詳細

取引口座の詳細フォーム

  • 口座タイプ•••PureかRaw
  • 口座タイプ•••【例】JPY
  • レバレッジ•••1:1~1:500から選択

※口座タイプの基本はPureです。Rawは取引にかかる手数料は安いものの、最低入金額が10万円とやや敷居が高いですね(/ _ ; )
※口座レバレッジは、トレードの幅を広げるために1:500がオススメです。

パスワード設定

取引プラットフォームにログインするためのパスワードを設定

今度は取引プラットフォームにログインするためのパスワードを設定します。

パスワード•••大文字・小文字・数字を含めて8~15文字以内
パスワードを認証する•••パスワードを再入力

プライバシーポリシー、クライアント契約、リスク警告通知などについて、2か所の同意欄にチェックを入れて、「提出する」ボタンで進んでください。

本人確認書類のアップロード

本人確認書類のアップロードフォーム

提出が義務付けられ得ている2種類の本人確認書類
  1. 写真付き身分証明書•••運転免許証、パスポート、マイナンバーカード、その他国が発行する写真付き身分証明書
  2. 居住証明書•••ガス、水道、電気などの公的料金請求書、銀行取引明細書、運転免許証など、現住所が確認できる公的書類

※有効期限が切れていないかチェックをお忘れなく!有効期限の無いものは発行から3ヶ月以内のみ有効です。
※運転免許証は、身分証明書・居住証明書どちらにも使えます◎、ただし、身分証明書として使ったら居住証明書にはできません。その逆も同じです。

撮影ルール

書類の準備ができたらスマホカメラで撮影へ。
その際は以下の点に気を付けてくださいね!

  • ピンボケや光の反射がなく、細かい部分までハッキリ確認できる
  • 画像加工はダメ
  • 画像データの拡張子は jpg・png・pdfのいずれかである
  • 画像サイズは10MB以下
  • 書類の四隅がバッチリ写っている
これらのうち、1つでも条件をハズしているとアップロードできないか、アップロードしても受理されない見込みが高くなります。

本人確認書類のアップロード方法

身分証明書と居住証明書の画像ファイルを用意したら、所定の個所にファイルをドロップするか、所定の個所をクリックしてファイルを選んで、アップロードできます。

「提出する」ボタンが表示されているところ

2つの書類の画像をアップロードし終えたら、「提出する」ボタンが現れるので、次に進みましょう。

本人確認書類アップロード後の流れ

通常1営業日程度で書類が受理され、口座が有効化されます。
すると、スリートレーダーから以下のようなメールが届きます。

スリートレーダーからのメール

口座が有効化されたら、クライアントポータルにライブ口座のアカウント情報が追加されます。
この情報をもとにMT4にログインすれば、すぐにトレードをスタートできますよ!

書類受理のメールが届かない場合は?

もし、2、3営業日経過してもThreeTraderから書類受理のメールが届かない場合、以下の原因が考えられます。

  • 過去に凍結されたメールアドレスを登録した
  • メールアドレスが誤っていた
  • メールの受け取り設定が受信拒否となっている
  • 迷惑フォルダに届いている

もし原因がわからなければ、サポートに問い合わせてみましょう。

ログイン方法

スリートレーダーのクライアントポータルのログイン画面

スリートレーダーでトレードするためには、クライアントポータルにログインしなければなりません。
以下の2つの情報を入力したら、チェックを入れ「ログインする」ボタンをクリックしましょう。

  • Eメール•••登録したメールアドレス
  • パスワード•••自身で作成したパスワード

クライアントポータルのパスワードを忘れてしまったら。
もし、口座開設時に作成したパスワードをストンと忘れてたなら、「パスワードをお忘れですか?」からパスワード取得画面に移ります。

新しいパスワードの取得画面
登録済みのEメールアドレスを入力し、新しいパスワードの取得に進みましょう。

クライアントポータル画面

ログインすると、口座情報をチェックできます。
口座番号や取引サーバーは、MT4のログイン時に必要なのでチェックしてくださいね。

スリートレーダーの取引プラットフォーム一覧

取引プラットフォームは、PCにダウンロードするのものやブラウザから直接トレードできるもの、タブレット用やスマホ用などさまざまあるので、お好きなものをダウンロードしてください。

【クリック!】スリートレーダーで口座開設する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA