project HARAKIRIの真相を解明!日本人をターゲットに取引価格を調整?

Fake News project HARAKIRI

2021年1月、XMTitanFX、ハイローオーストラリアなど大手海外FX業者5社が日本人口座に対して取引価格を調整し不正に利益を得ていた、という衝撃のニュースが入ってきました!

XMもタイタンもハイローも日本人に人気で、しかも超大手ですよね。
信頼して取引していたのに…と愕然とした人もいるでしょう。

まりえ

でも、このニュース、フェイクの可能性がほぼ確定しています。
これから事の顛末を詳しくお伝えしますね。

大手海外FX5社による不正疑惑のニュース

掲載されたニュースの一部を抜粋しましたので見てみましょう。

「ウィキリークスの内部告発によると、XMとハイロー、TitanFXなど5社が、日本向けの為替取引の取引価格を共同で調整していることがわかった。

このプロジェクトは”project HARAKIRI”と呼ばれており、国際的なFX運営会社5社が参加する大規模なものだった。腹切りとは日本の切腹の意味であり、それを皮肉ったコードネームがつけられている。

そのプロジェクト名のとおり、レート操作は対日本のトレーダーにのみ行われており、アメリカやイギリスなどでは行われていなかった。比較的ライト層が多い日本市場をターゲットにしたとみられている。

これにより被害を受けた日本人トレーダーは10万人にものぼるとみられ、被害総額は最低でも2億ドルにのぼる。この報道を受け、日本の一般トレーダーたちの退会が相次いでいる。一部のユーザは訴訟を起こそうと動いているが、FX運営会社の本籍のほとんどはタックスヘイブンに置かれており、訴訟はおろか調査すら難しいとの見方が有力だ。」

このニュースを簡単にまとめると…

  • 大手海外FX業者が協力して「project HARAKIRI」という日本人顧客をターゲットとした不正な価格操作を行っていた
  • この不正に参加していたとされる5社のうち3社はXMtrading、TitanFX、ハイローオーストラリア
ということです。

HARAKIRIとは日本の切腹のことを指していると思われる言葉です。
このインパクトのあるプロジェクト名も手伝って日本人トレーダーの一部はネットを中心に騒然となりました。

でも、だんだん「これはフェイクニュースではないか?」と疑問を持つユーザーが増えてきました。

ニュースの発信元は「Finance News Topic」というサイト

このニュースを配信したのはFinance News Topicというサイトですが、現在はサイトを閲覧できません。
また、どんな会社が運営していたサイトなのかが分からない状態でした。

情報によれば、ページが閲覧できていた時期も会社情報のページをクリックしてもトップページに戻されてしまったりして会社概要を確認できないなどの不具合があったようです。

さらに、「finance-news-topic.com」のドメインを調べると2021年1月4日に「お名前.com」で登録されたばかりの新しいドメインであることが分かりました。

つまり、Finance News Topicはかなり新しいサイトなんですね。

現在はサイトの閲覧ができないので、該当記事の魚拓を貼っておきます。

ウィキリークスにはproject HARAKIRIの内部告発記事が存在しない

まりえ

project HARAKIRIはウィキリークスで内部告発されていた、とありましたが、ウィキリークスで「project HARAKIRI」で検索しても該当の記事はヒットしません。
また、ウィキリークスは政府や企業、宗教に関する情報を暴露するサイトで、誰でも匿名で投稿できます。

そのため、そこに書き込まれている内容も信憑性が高いとはいえません。

このニュースに関してXMは正式な声明を発表

2021年1月26日、XMTradingは顧客当てに「重要なお知らせー虚偽の情報につきまして」と題した声明を発表しています。

XMTradingは顧客当てに「重要なお知らせー虚偽の情報につきまして」

これにはXMも完全に怒っていますね。
「事実無根」「あらゆる適切な処置で対応していく所存」と強い口調で抗議しています。

XMにしてみれば、これまで構築してきた顧客との信頼関係をウソのニュースで水を差された形ですよね。

そもそもレート操作自体は不正ではない

レート操作をかんたんに解説

まず、レート操作そのものは不正行為ではありません。
FX業者が提供するチャートや気配値などは実際のインターバンク市場のレートとは異なります。

各FX業者はインターバンク市場のレートを参考にある程度の裁量を加えて個別レートを提示しています。
加えて手数料となるスプレッドがプラスされるので、各社のレートにはズレがあるわけです。

レート操作は違反ではないものの…

ただ、業務上安定して顧客にトレードを提供するなどの正当な目的以外でのレート操作はやはり問題になります。

2012年にも日本の「FXCMジャパン」が過去にレート操作を行っていたことに対して、関東財務局が業務改善を求める行政処分を科しています。

トレードする際にはスリッページが起こりにくい強固な環境を提供している業者を選びましょう。

フェイクニュースに騙されないで。

日本人向けの不正価格操作「project HARAKIRI」のニュースはフェイクニュースでほぼ確定です。

まりえ

今回名指しされた3社が不正に価格を調整し、不当に利益を得ているという事実はありませんのでご安心ください。

実際わたしは今でもXMでトレードしています。

とはいえ、海外では日本の法律の縛りがない状態でトレードを提供しているので、自己責任が鉄則です。
口コミなどを参考に信頼性の高い業者で取引することを心がけましょう。

わたしも使っているFX業者↓↓
\XMの口座開設方法を詳しく書いています/
XM 【完全版】たった2ステップでXMの口座を簡単に開設する方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA