XMの口座解約方法をわかりやすく解説。使わないからって放置はダメ。

XM口座解約方法

XMの口座解約はパソコン、スマホどちらからもできます。
この記事を参考に手続きを行ってみてくださいね。

XMの口座解約で注意しておきたいこと

XMで口座解約するにはいくつかの条件を満たさなければなりません。

XMで解約するための条件
  • 口座残高が残っていないこと
  • 出金依頼といった処理中の手続きがないこと
  • すべてのポジション解消後24時間以上経過していること

これらの条件を満たしていないと解約することができませんので注意が必要です。

口座に残高残っている場合は、全額出金した後に解約手続きを行いましょう。
また、処理中の手続きがないことも確認してください。

ポジションに関しても、ポジションを解消してから最低でも24時間は経過していないと解約手続きに進めません。

XMの口座解約方法

手順1
解約口座を選ぶ

下の画像のように「オプションを選択する」→「口座を解約する」を選びます。

「口座を解約する」タブ

スマホでは口座番号をタップすると「オプションを選択する」が表れます。

手順2
「取引口座を解約する」ボタンをクリック

「取引口座を解約する」ボタン

👆のページに移動するので、オレンジ色の「取引口座を解約する」をクリックしましょう。

※これで解約完了ではありません。

手順3
メール確認

登録メアドに「XMTradingの口座解約」というメールが届きます。

手順4
「取引口座を解約する」ボタン

メール本文に載っている口座番号が正しいかチェックして「取引口座を解約する」というボタンをクリックします。

手順5
解約完了

公式サイトの「口座を解約する・取引口座の解約」というページに移動します。
表示されている「取引口座を解約する」ボタンをクリックすれば解約手続き完了です。

デモ・休眠・凍結それぞれの解約方法

デモ口座の解約

サポートデスクに連絡し、解約を依頼します。
メールorライブチャットで連絡し、解約するデモ口座の番号を伝えましょう。

連絡から1~2営業日ほどでかかります。

休眠口座

休眠口座の解約方法はリアル口座の解約方法と同じ手順です。
口座残高をゼロにしてから手続きをすればOKです。

凍結口座

XMにより凍結されたので、ユーザー側ではどうすることもできません。
放置しておくしかありません。

口座解約までの時間はどれくらい?

口座が1つだけなのか、複数持っているかによって違います。

1口座のみの場合

解約手続きから24時間経過すると解約処理されます。
24時間以内であれば口座を復活させることができます。

マイページから再度有効化ボタンをクリックするor口座資金の入金で解約手続きがキャンセルされます。

複数口座ある場合

解約手続きから即時処理されるます。

【注意】放置すると口座維持手数料がかかる

まりえ

口座残高がある状態で90日間放置すると休眠口座扱いとなり、毎月5ドルの口座維持手数料が残高から徴収されます。
手数料を取られないためにも、当面取引しないときは口座を解約し、再度トレードを始めるときに口座の作り直しをすのがオススメ。

もし口座残高が0で90日間使わないと自動的に口座が凍結され、退会となります。
残高がなく解約手続きが面倒なら放置でも良いかもしれません。

ただ口座を放置しておくと不正アクセスのリスクもあるので、なるべく自分で解約手続きするのが◎。

XMにまた口座開きたいなら…

口座を全て解約して退会した後、再び口座開設したくなったら、新規と同様の手順で開設できます。

ただ気を付けたいことは…👇

再登録では口座開設ボーナスは受け取れない

そうなんです!
新規開設ではないので、口座開設ボーナスはもらえません。
口座開設ボーナスは1人1回まで。

以前のデータはXMに残っているので、口座開設ボーナスを複数回受け取ろうとすると不正と取られる可能性もあるので気を付けましょう。

ただ入金ボーナスは定期的にXMでリセットしたり追加してるので、再登録でももらえる見込みが高いです。

XMはポイントを押さえておけばスムーズに解約できる

気を付けたい点を押さえておけばスムーズに解約できますし、いつでも新規口座開設をしてXMでトレード再開できます。

まりえ

もし不明な点や困ったことが起こっても日本語サポートも完備していますので安心ですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA