【Exness(エクスネス)の評判】口座開設するべき?

エクスネス

Exness(エクスネス)は2008年にスタートした海外FX業者です。

一度は日本から撤退したものの、2020年に日本語公式サイトと日本語サポートデスクを完備させてカムバックしてきました。

まりえ

ここではExnessの特徴や評判などをご紹介します。

Exness(エクスネス)の評判

Exnessの口コミはまだ多くありません。
現在のところレバレッジ無制限に驚く声と出金の速さを中心に書き込まれています。

Exnessの基本的な口座内容

Exnessの口座タイプと内容

Exnessの口座タイプと内容2

※1 1ロットあたり
※2 日本時間

口座タイプはスタンダード口座1種、プロ口座3種の全4種類あります。

まりえ

驚きなのはレバレッジ無制限ということ。
レバレッジ無制限とは実際の最大レバレッジは2,100,000,000倍です。

1ロットあたりの必要証拠金はほぼ無いといっていいでしょう。

ただ、レバレッジ無制限でトレードするには条件をクリアしなければなりません。

レバレッジ無制限の条件
  • 5ロット以上の取引をすること
  • 10回以上の取引達成
  • 有効証拠金999ドル以下をキープしていること

これらの条件を達成していればマイページから最大レバレッジ無制限に設定することができます。
ただしMT5の口座ではレバレッジ無制限は設定できません。

Exnessの安全性

Exnessのライセンスはどこの?

Exnessの日本人向け口座はセーシェル共和国に拠点を置く「Nymstar Limited」が運営しています。
金融ライセンスはそこで取得しています。

Exnessが保持するセーシェルFSAの金融ライセンスは、取得が難しくなく規制も緩いため信頼性はそこまで高くありません。

でもグループ会社はキプロス証券取引委員会(CySEC)と英国金融行動監視機構(FCA)のライセンスを持っています。
この2つは非常に厳しいです。

厳しい金融ライセンスを2つも持っていながら、セーシェルのライセンスを敢えて取っているのは自由にハイレバレッジを提供するためなのでしょう。
同時に信頼のおける会社だと判断もできます。

またセーシェルには実体がなく、実際に実務を行っている場所はマレーシアのキプロスだと言われています。

分別保管&信託保全なし

Exnessでは顧客資産は運営資金とは分けてあります。

ただ日本人向け口座では信託保全は導入されてないので、もしExnessが破綻したらお金が返って来るかどうか確かではないので、その点はご留意を。

Exnessの入出金方法

入金方法は3種類
  1. クレジットカード(VISA、MasterCard、JCB)
  2. オンラインウォレット
  3. 仮想通貨
銀行送金では入出金できません。

Exnessの入金方法

Exnessの入金方法

Exnessの出金方法

Exnessの出金方法その1

Exnessの出金方法その2

Exness自体は入出金手数料無料ですが、決済サービス会社、取引所等で手数料が発生場合もあります。

少額入金もできるので、ハイレバをかけてのトレードをしやすい環境が整えられています。

トレードはMT4/MT5で

やはりMT4/MT5が使いやすいですよねー!
また、条件さえクリアすれば無料でVPSサーバーをレンタルすることもできます◎。

VPSサーバーを無料にする条件
  • 新規申請時に累計500ドル以上の入金
  • 申請から承認完了までの間
  • 100ドル以上の余剰資金を維持して取引すること
  • 利用中は最低14日に1回はトレードする
  • 14日連続取引が無いと警告メールが届くので、その2日以内に取引しないと提供終了

他社よりも緩い条件なので、VPSの体験にはうってつけです♪

日本語サポート対応

日本語サポートは、平日12:00~20:00です。
メール、チャット、LINEのみで、電話の窓口はありません。

LINEだと気軽に連絡できるので、ありがたいですね。

ゼロカットあり

Exnessは追証なしのゼロカットシステムを導入しています。
強制ロスカットは0%。

口座ごとにマージンコールの水準が異なっていて、スタンダードなら60%ですが、その他は30%です。

最強のハイレバトレード業者Exness

まりえ

何といってもレバレッジ無制限!
超ハイレバトレードがで、ざっくざっく稼ぎたいですね。

最低入金額も少なくてOKなので、がっぽりお金を増やせる可能性のあるFX業者です。
出金も早いとのことなので、Exnessにトライしてみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA