【完全版】Titan FXの口座開設方法をわかりやすく解説してみました。

【完全版】Titan FXの口座開設方法

さあ、Titan FXのリアル口座開設方法を画像たくさんで分かりやすく解説していきますよ。

① 口座開設フォームの入力

  1. ユーザー登録
  2. 取引口座の選択
  3. 個人情報の入力
  4. メールアドレスの認証

② 本人確認書類のアップロード

  1. アップロードする本人確認書類
  2. アップロード前の登録
  3. 本人確認書類のアップロード
それぞれ順番に解説していきます。

>>Titan FXで口座開設する

口座開設フォームの入力

まずTitanFXの公式サイトから「リアル口座開設」ボタンをクリックしましょう。

TitanFXの公式サイト

ユーザー登録

  • 申込み口座を選択…個人取引口座を選ぶ
  • メールアドレス…Titan FXから受信するためのアドレスを入力
  • パスワード…大文字、小文字、数字をすべて含めて7文字以上で作成

さあ、始めましょうボタン

同意欄にチェックを付けて、「さあ、始めましょう」をクリック

取引口座の選択

取引口座の選択

  • プラットフォーム…MT4かMT5
  • 口座タイプ…スタンダード、ブレード
  • レバレッジ…最大500倍の中から選ぶ
  • ベース通貨…JPYやUSDの中から選ぶ

すべて選択し、同意欄にチェックし「次へ」ボタンを。

個人情報の入力

個人情報の入力画面

  • 名…下の名前をローマ字で入力 (例)Ichiro
  • 姓…苗字をローマ字で入力(例)Suzuki
  • 生年月日…日にち⇒月⇒西暦の順で入力(例)01051980 ※1990年1月5日の場合

つづいて住所を入力します。

住所の入力画面

  • 国…国籍を選ぶ(例)Japan
  • 電話番号…携帯の電話番号(例)08000001111
  • 住所…自治体に続く住所(例)101,1-2-3,Nagata-cho
  • 市町村区…市町村や東京特別区(例)Chiyoda-ku
  • 都道府県…都道府県(例)Tokyo
  • 郵便番号…7ケタで(例)1000001

口座開設フォームにすべての情報を入力したら、「取引口座を開設する」ボタンをクリックしましょう。

登録情報が送信されたら、画面に以下のメッセージが表れます。

Titan FXの画面に「ご登録ありがとうございます」のメッセージが表示

メールアドレスの認証

ここまでの手続きが終了したら、「【重要】口座開設の最終ステップ:Eメールボタンを押してください」という件名のメールが届きます。

口座開設の最終ステップメール

もし10分以上経ってもメールが届かないときは、迷惑フォルダに入っていないかチェックを。

「確認」ボタンをクリックしすると以下のメッセージが表れます。

「メールアドレスの確認が完了しました」というメッセージ

以上でリアル口座開設の手続きが終わりました。
「クライアントキャビネット」ボタンをクリックして、次に進みましょう。

また、確認メール受信とほぼ同時期にMT4(MT5)の口座情報が記載されたメールも届きます。

MT4(MT5)の口座情報が記載されたメール
入力ミスをしないためにも、MT4ログインの際はこれらをコピペしましょう。

また「ダウンロード」ボタンで、プラットフォームをDL&インストールすることができます。

本人確認書類のアップロード

入金したりトレードを始めるには、本人確認書類のアップロード手続きが必要です。

アップロードする書類は?

  • 写真付き身分証明書…運転免許証orパスポートorマイナンバーカード
  • 現住所証明書…住民票or印鑑登録証明書or公共料金請求書or領収書
注意
※写真付き身分証明書は有効期限内のもの、現住所証明書は6か月以内のものに限ります。

アップロード前の登録

Titan FXの本人確認手続きは、会員ページ(クライアントキャビネット)にログインするところからスタートです。

登録メールアドレスとパスワードを入力して、「ログイン」ボタンを。

クライアントキャビネットのログイン画面

クライアントキャビネットで手続きを進めて行きましょう。

「ご本人様確認を開始する」ボタン

ログイン後の画面で、セキュリティ情報と設定に関する入力していきます。

  • 秘密の質問を選択
  • 秘密の質問の答えを選択
  • 雇用業種をリストから選択
  • 雇用形態をリストから選択
  • 投資額をリストから選択
  • 投資期間をリストから選択

セキュリティ情報と設定
秘密の質問や答えはログイン情報を紛失したときに必要となります。
メモを取っておくのが◎。

本人確認書類のアップロード

まずは身分証明書の種類を選び「次へ」ボタンを。

身分証明書の確認

身分証明書に載っている情報を埋めていきましょう。

身分証明書に記載されている情報の入力

「次へ」ボタンをクリックしたら、自動認証の案内が表れます。
身分証明書についてはKYC自動認証システムによって行われます。

自動認証手続きはPC、スマートフォンどちらで行ってもOK。
案内をチェックしたら「次へ」を選びましょう。

自動認証手続き画面

KYCの自動認証が終わったら、住所確認書類をウェブからアップロードします。
以上で手続きは全て終了です。

このあと、最短30分程度~1営業日にTitanFXにて書類の受理があります。
それが終わったら、入金やトレードができるようになりますよ。

>>Titan公式サイトはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA