FX会社を比較するときに重視するポイントを公開!【これで失敗なし】

FX会社を比較するときに重視するポイント

FXを始めるためにまずすることは?
そう、業者選びですよね!

そこで、業者を選ぶときのポイントを見ていきます。

国内FXか海外FXか?

まりえ

まずは、国内・海外の業者どちらでトレードするのかを決めます。

国内FX

日本企業が運営していて、金融庁の管理のもとでサービスが提供されてるので安全である点がメリット。
また、スプレッドが狭く、スワップポイントが高いのもポイントです。

海外FX

外国企業が海外で運営しており、日本の規制の外で運営しています。

日本の金融庁の管理下にないので、すべての業者が安全とは言い切れません。
その一方で日本国内では不可能な自由度の高いトレードができます。

メリット

代表的なものが最大レバレッジ

国内FXは25倍の制約があるのに対して、海外FXは500倍、中には1000倍でトレードできる業者も!

その他、ボーナスクレジットといって証拠金に使えるクレジットをプレゼントがあって自己資金を使わずにすぐにトレードできたり、透明性の高い取引環境を提供していたりとメリットが多々あります。

デメリット

海外企業なので、特に出金時に国内と比べ時間がかかったり、手数料がかかる点や業者の安全性は自分でリサーチして自己責任で判断しなければならない点です。

まりえ

もし、FXの経験が中級者以上でスワップ狙いではなく、トレードで稼いでいきたいのであれば海外FXがオススメです。

次の項からは海外FXを前提に解説します。

最大レバレッジ・レバレッジ制限はあるか

海外FXは、ハイレバトレードが最大の魅力

例えば日本人トレーダーに人気のXMなら最大888倍。
GEMFOREXIS6FXHotForexなら最大レバレッジ1000倍!

レバレッジ1000倍はというと、1万通貨(約100万円)の必要証拠金がたった1,000円ということです。

ハイレバレッジというとリスクが高いイメージがあるけれど、実際は逆。
わずかな元手で済むので、むしろ低リスクなんです!

レバレッジ制限には気をつけて

海外FX業者はだいたい400倍程度~でトレードできるけれど、口座残高によってはレバレッジ制限がかかる業者も。

例えばXMでは口座残高が300万円を超えると最大200倍に制限されます。
これは業者側で顧客を守るための措置なので、その辺もチェックしておきましょう

レバレッジ制限を設けているところは多いので、それがあるか、またいくらから制限がかかるのかは事前にリサーチを。

最大レバレッジは高ければ良いという訳ではないので、他の取引条件と併せて考慮することが大切です。

追証なしのゼロカットシステムの有無

必ずチェックしておきたいのがゼロカットがあるかどうかです。
これは口座の残高がマイナスになるほどの損をしても、その分は業者が負担してくれるという制度です。

“ゼロカット”が分からない人は、下の記事をチェックしてね。
その解説はXMだけに限りません。
トレードを失敗して青ざめている女性 XMのゼロカットについて詳しく解説してみました。

ゼロカットを国内でやっている業者はありません。
というのも、法律で顧客の損失を業者が補填することを禁止しているから。

海外FXで日本人向けに口座を提供しているような業者はほとんどがゼロカットを実施してるけれど、口座を開く前に念のためゼロカットシステムがあるかチェックしておきましょう。

ボーナスキャンペーンの内容

XMの取引ボーナス

お目当ての業者に口座開設時や入金時にボーナスがあるのかをチェックしてみましょう。

口座開設ボーナスは自分のお金を使わずに済むので、リアル口座でトレードを検証したいときに役立ちます◎。

中にはそれらの特典だけでなく、豪華賞品のプレゼントキャンペーンがある業者も!
高額商品をゲットできるチャンスもあります。

とはいえ、Titan FXのようにボーナスキャンペーンを一切行わず、スプレッドなどのトレード環境で還元しようという考えの業者もあります。

好みにもよるので、キャンペーン有無のどちらがあなたにとっておトクか十分考えましょう。

日本語サポートデスクはあるか?問い合わせ方法は?

オペレーター

日本語に対応しているかどうかは大切なポイントですよね。

公式サイトに加えてサポートデスクが日本語の問い合わせに対応してるかをあらかじめ調べておくと、困ったときに慌てずに済みます。

日本で人気の海外FXのほとんどは、母語レベルの日本語で対応してもらえます。
また、問い合わせ方法(チャット、メール、電話など)やサポートデスクの営業時間も併せてチェックを。

日本の業者と変わらず平日の日中に受け付けている業者もあれば欧州の営業時間である平日の夕方~夜にかけてのところもあります。

入出金方法

スマートフォンとクレジットカード

資金を海外に送ったり受け取ったりしますので要チェックです。

特に出金方法が気になりますよね。
業者によっては国内送金に対応しているところもあり、その場合は手数料も安く時間も早いです。

海外送金なら手数料が高く、1週間程度かかることも!
オンラインウォレットなどで対応したりと工夫が必要です。

トレードプラットフォームの種類

cTraderのトレード画面の指の形のアイコン

国内FXは独自ツールで取引する業者が多いですね。
でも海外業者だとMT4やMT5がほとんど。

使い慣れてくるとコレ!というトレードプラットフォームが出てくるので、どれに対応してるか見ておきましょう。

特にスキャルに最適なcTraderは提供しているところが少ないので、cTraderを使いたいなら業者が絞られてきます。

\cTraderが使えるオススメ業者/
アキシオリー口座開設の手順を画像付きでわかりやすく開設|評判はどう?

条件以外に口コミも参考にするのがオススメ

外でスマートフォンを見ている女性

FX業者を選ぶときのポイントでした。

海外は個性的な業者が多々あり、条件を比べるだけでなく、ネットの口コミも参考にした方が失敗が少なくなるでしょう。
SNSなどをチェックしてトレーダーの生の声を仕入れて検討するのがオススメです◎。

わたしも使っているFX業者↓↓
\XMの口座開設方法を詳しく書いています/
XM 【完全版】たった2ステップでXMの口座を簡単に開設する方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA