【FX】ECN口座の取引手数料とスプレットを比較してみました。

ECN口座の取引手数料とスプレット

ECN口座は、取引手数料を含めてもトータルコストの安さが抜きん出ていますね。

特にスキャルピングを中心にトレードをするトレーダーはECN口座を検討したことがあるのではないでしょうか。

まりえ

そこで各FX業者ECN口座の取引手数料とスプレッドをご紹介します。

各業者の取引コスト比較

各FX業者のECN口座の取引手数料とスプレット比較表※ドル円の平均スプレッド()は手数料込のスプレッド

表を見ると、同じECN口座でも業者によりコストがまちまちであると分かりますね。

スプレッドが狭くても手数料が高いと取引コストも高くなるので、総合的に見て選ぶことが大切です。

Axiory

Axiory

Axioryは2013年からの中堅の海外FX業者です。
ECN口座はナノスプレッド口座と、2021年に新たにリリースしたテラ口座の2種類です。

ナノスプレッドとテラはトレードプラットフォームが違うだけでトレード条件は同じです。

スプレッドはドル円で0.3pips、往復手数料0.6pipsと条件はかなり良く、人気が高い!
またcTraderが使える点で高い約定力が際立っています。

アキシオリー口座開設の手順を画像付きでわかりやすく開設|評判はどう?

Titan FX

TAITANFX

2014年から運営している。
約定力の高さと低コストが魅力で、XMに並ぶほど日本人に人気があります。

ボーナスなどのキャンペーンは一切やっておらず、その分を顧客に快適なトレード環境を整備することで還元してるのですね。

全体的にスプレッドが狭く、ドル円0.3pips、往復手数料0.7pips。
ボーナスは要らないから、より有利な条件でトレードしたい人にオススメ。

TAITANFX タイタンFXの評判ってどう?【業者徹底解説】

XM

XMのロゴ

XMは日本人トレーダーに1番人気。
海外FXデビューはXMというトレーダーが多いでしょう。

全体的にスプレッドはやや広めで取引コストはそこで有利とは言えないけれど、ボーナスキャンペーンの他、ポイントプログラムなどお得なシステムや日本語サポートデスクが充実しているなど使いやすい業者です。
XM XM(XMtrading)の口座開設2ステップの手順を解説【完全版】

TradersTrust

TradersTrustのロゴ

TradersTrustは2018年に日本人顧客向けに新しい法人を設立しサービスを展開している業者です。

ECN口座はプロ口座とVIP口座があり、VIPの方は往復手数料が0.3pips!
他の追随を許しません。

でもVIPだと最低入金額が200万円(>_<)
ポンッと出すにはなかなか厳しい額ですね。
さらに最大レバレッジ200倍、ロスカット水準50%と条件的にもあと1つといったところです。

一方プロ口座は、手数料は0.6pips。
最大レバ500倍、ロスカット水準20%と他の業者とほぼ同じ水準になっています。

Tradeview

Tradeview

Tradeviewは2004年にサービスがスタートした、運営歴が長く信頼性の高い業者です。
顧客資産も35,000ドルまでは信託保全ありと安全性が高いことで評価されています。

スプレッドは業界最狭水準、手数料も往復0.5pipsとかなり低コストでトレードできます。

cTrader搭載なので、スキャルピングトレーダーには有利な条件で取引できます。

トレードビューの特徴をわかりやすく解説

FBS

FBSのロゴ

2009年に創業。
ECN口座ではドル円の平均スプレッド0.4pipsで、往復手数料0.6pips。

最低入金額は10万円とやや高めとなっているものの、最大500倍のハイレバレッジでトレードできます。

STP口座は、最大3000倍の超ハイレバトレードが可能。
STP口座と併せて使ってみるのも良いでしょう。

FBS FBS|FX業者の口コミは?

LandFX

LandFX

LandFXはSTP、ECN共に比較的スプレッドが狭く、評価されています。

最低入金額20万円とややハードル高めだけど、高い約定スピードの実現や最大5万ユーロの信託保全で安心感が違いますね。

また、ソーシャルトレード(コピートレード)が利用できるため、チャレンジしてみたい方にオススメ。

コピトレ FXのコピトレって何?

HotForex

ホットフォレックス

ユーザー数が130万人を超える中堅業者。

まりえ

世界最大級のFX口コミサイト”FPA”で高評価レビューが多数書き込まれており、信頼されていることが伺えます。

ドル円の平均スプレッド0.7pips、往復手数料は0.8pipsと並。

ホットフォレックス ホットフォレックスの評判や信頼性を調査してみました。

GemForex

ゲムフォレックス

GemForexは2014年にサービスを開始した業者。
ボーナスキャンペーンの豪華さで人気を集めています。

ドル円の平均スプレッドが0.3pips、手数料0円と非常に低コストだけれど、DD業者との噂があります。
DD業者であればこの条件も頷けますね。

海外FXは、NDD業者で透明性のある取引ができるというメリットがあります。
なので、透明性の観点から見ると選択肢からはずれますね。

でも特にDD、NDDのこだわりがなく、脅威の最大レバレッジ1000倍でトレードしたいならオススメ。

ゲムフォレックス ゲムフォレックスは怪しい?その実態に迫ったみた

トータルトレードコストを考慮して取引しよう!

スプレッド+取引手数料を合わせたトータルコストからおトクな業者を選びましょう。

こまた、トレードコスト以外にも提供サービスやトレードプラットフォーム、約定率、入出金方法など、総合的に考えての口座選びが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA