FXで突然勝てるようになったきっかけは?リアルな実体験

お金が降ってくる

突然ですが、今あなたはFXで勝てていますか?

トレーダーとして成長していく過程で、立ちはだかる大きな壁に挫折してしまう人も少なくありません。

今回はそんな方のために、「FXで突然勝てるようになったきっかけ」をわたし自身の実体験も交えてお伝えしていきます。

この記事を読むことで、「自分がなぜ勝てないのか?あるいは勝てなくなったのか?」そのヒントが見つかるはずです。

まりえの自己紹介

まりえ

少し自己紹介をしますね。
わたしはFX歴13年の兼業トレーダー。

今では本業よりFXの収入のほうが多いですが、会社勤めを続けるにもちゃんとした理由があります。

理由については後ほどご説明致しますが、まずはわたしがあまり勝てていなかった時期に悩んでいたことをお話します。

あまり勝てなかった時期にやってしまっていたこと【実体験】

お金が無くなる

正直なところFXを始めて2年目くらいまでは、ほぼ全くと言っていいほど勝てていませんでした(まぐれ勝ちはたまーにありましたが)。

少し勝ったと思えば少し負け、たまに大きく勝ったと思えば次の日当たり前のように負ける。

まりえ

しかし、そんな毎日を過ごしながらFX歴3年目に差し掛かるところで、思いもよらぬ絶好調のトレンドが現れます。

その週はもちろんプラスに終わり、ガッツポーズでご褒美めしに行きました!

しかし、FXはラッキーがいつまでも続くような甘いものではありません

ある日、いつも通りに朝起きて出勤前のチャートを確認すると、所有している通貨ペアがまさかの大暴落。

まりえ

正しい判断で損切りをする事もできず、損益は数十万円に上りました。
これには大変なショックを受け、数週間は心が折れていました。

チャートは見ていても売買はせず、完全にトラウマと化して何も手を付ける事ができません。

そこでわたしが取った行動は、ネット上の色々な手法を片っ端から試しまくる、というもの。
今考えてみれば、この行動が大きな間違いでした。

「芯」を失ったわたしは、2年間築き続けてきた経験や知識を投げ捨てる形になり、様々な手法やインジケーター、EAと呼ばれる自動売買ツールにまで手を出す始末。

これらはもちろん有料です。

お金を払ってまで得たものは、目先の小さな利益だけ。
わたしがトレーダーとしてレベルアップすることはありませんでした。

勝てるようになったきっかけ

トレードで儲けた女性

とあるFX会社主催のセミナーで、月収数百万越えの大物トレーダーと交流を持つことができました。

藁にも縋る想いで大物トレーダーさんに教えを乞うたところ、「君には芯がない」と言われ、その時は正直意味がわかりませんでしたが、それについて家で考えたらすぐに答えが出ました。

そう、「芯」が無かったんです。

思い返してみれば始めたころのわたしは、勝ち負けなんかではなく「単純にFXが楽しいから」独学で勉強をしていました。

本だって何十冊も穴が空くほど読み込みました。

自分が正しいと思う知識を吸収してから、デモトレード後に少額の資金で実践をし、手法は変えずにトレンドを読む技術を身に着ける…。

そんな努力をここ最近はしていなかったな、という事に気付く事ができたんです。

改心したのち、初心に戻りFXの勉強をスタートさせました。

わたしを稼げるトレーダーに変えてくれた「Maestro FX」

そんなときに出会ったのが「Maestro FX」という教材でした。
ベテラン専業トレーダー佐野裕さんのFX教材です。

まりえ

教材の質はもちろん素晴らしいのですが、佐野さんに直接メールで質問できるという太っ腹なサポートのおかげで今のわたしがあります。

本当にこのメールサポートは使い倒しました。
幸い回数や期限などの制限がないので、分からない点はメールしまくってました。

佐野さんは毎回分かりやすく丁寧な回答を送ってくれました。
このおかげで急速に成長する事ができて今のわたしがあります。

佐野裕のマエストロFXの評判は?ビクトリーメソッドとの違いは?

大事なのは「芯」と「人」なんだな、と実感しました。

今となっては本業よりFXの収入が多くなってしまっていますが、本業の仕事もとても面白く、何より安定した精神状態で「芯」の通ったトレードができるため、会社勤めを今でも続けています。

負け続けてたっていいんです。
そこからちゃんと学べる事をしっかり吸収できるのなら。

そのためわたしは、少額の資金で実際のトレードをして、勝ち負けを繰り返しながら成長をしていくことを強くオススメします。

勝てなかった理由

ここで、わたしがFXで勝つ事ができなかった2点の理由が明確になりました。

この2点です。

精神面の弱さ

まりえ

文字通り、「芯」を通すことのできなかった自分の弱さです。
収支にこだわりすぎて、勝ち負けから得られる反省点をまるで意識していなかった。

勝ったのなら、何がどう上手くいったから勝てたのか。
反対に負けたのであれば、自分の何が悪かったのか。

更に言うのならば、「わたしはチャートを見てこう感じたから注文を入れた」と、ひとつひとつのエントリーに理由を持てるようになれるまでは半人前と言っていいでしょう。

お金が増えたから、減ったからで感情が動いてしまっては、正常な判断ができません。

FXトレーダーとして成長したいのであれば、小手先のテクニックやツールなどに頼らずに精神力を鍛えることが大切です。

そこまで理解できればあとは「人」です。あるいは「環境」

パソコンを操作する女性の手元

わたしは独学ゆえに何十冊も本を読みあさり、一人で疑問を抱え続け、今自分の考えが合ってるのかすら分からず、闇雲にトレードの勉強をしていました。

もちろん、それは無駄ではありません。
そこから得た知識は今でもわたしの力になっています。

ですが、一般人が一人でトレーダーとして成長していくには限界があります。
もちろん自分で勉強しよう、学ぼうという気持ちを持つことは1番大切です。

わたしは、自分で正しい勉強方法を再認識したうえで「Maestro FX」を手にしたことで急速に成長できました。

昨今はTwitterやYoutubeなどで、さまざまな人がFXについての動画や考察をアップしていたり、中でもインフルエンサーと呼ばれる方々が、月数百~数千円程度の会費でオンラインサロンを運営していたりなど、低コストで得られる情報源がたくさんありますよね。

その人のコンテンツを見て、良く理解し、信用できると判断したのであれば、その人の発信する情報を吸収して糧にする。

そうすれば、ただ一人で黙々と勉強をする何倍もの効果が得られるとわたしは思います。

あるいは、自分と同じくトレーダーの方々と交流を持つのも、モチベーションを保つためという意味では有効かもしれませんね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

まりえ

「芯」と「人」、この2点を意識することで、結果的にどんな手法やインジケーター、または自動売買ツールよりも大きなものを得られます。

最近勝てなくなってきたな…というときは、一度あなた自身の精神面や環境を見直してみてください。

時にはリフレッシュだって大切です。
詰まったときはチャートから目を離したっていいんです。
闇雲に走り続けても何もいい事はなく…。

ひとつひとつの売買から得られる経験をしっかりと振り返り、確実に前に進んでいきましょう。

\月間1000pips以上の利益は当たり前/
デイトレ大百科の教材レビュー デイトレ大百科の評判は?教材暴露レビュー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


888倍のハイレバトレードができる! 入金ボーナスGet☆
XMの公式サイトはこちら
888倍のハイレバトレードができる! 入金ボーナスGet☆
XM公式サイトはこちら