curfexの入金・出金方法は?使い方を徹底解説

curfex

Axioryは、国内送金で入出金するにはcurfexを使います。

まりえ

関東財務局の登録済みの資金移動業者なので安心。
ここではcurfexの詳細について解説します!

curfexってなあに?

香港の資金移動業者。
Axioryの入出金方法として手数料が安く、スピーディーなことで評価を得ています。

まりえ

国内ではcurfex JAPANという会社が運営しています。
日本での資金移動が認可されており信頼性が◎。

未認可の海外のオンラインウォレットのようにいつか使えなくなることを考慮する心配がありません。

【bitwallet→curfex】Axioryで導入された国内送金手段

curfexがAxioryの入出金手段に採用された経緯

2019年2月にAxioryがbitwalletと提携解除したことが挙げられます。

この提携終了は突然のことで、Axioryでのトレードを打ち切るトレーダーもいたほどのパニックとなりました。

Axioryがメインバンクをスパーカッセ銀行→リヒテンシュタインのユニオン銀行とドバイのドーハ銀行に変更したことが原因です。

スパーカッセ銀行では、マネーロンダリング対策で海外送金ができなくなっていました。

なので、そのような規制のないユニオン銀行とドーハ銀行に取引銀行を変更しました。
特に取引銀行の格付けが落ちたわけではありません。

bitwallet側が先に「Axioryがメインバンクに取引停止された」としてリリース

bitwalletの主張では「Axioryはスパーカッセ銀行から取引停止処分を受けたため、提携を打ち切る」というもので、これがAxioryの発表よりも先に発表されたもの。

というわけでトレーダーたちは当然パニックとなりました。

ですが、その後のAxioryのリリースにより、そのような事実がないことが発表されました。

そしてすぐにcurfexが提供され、現在でも問題なくcurfexによる国内出金ができていますので、今後特に心配はなさそうです。

curfexの入出金手数料

curfexの入出金手数料一覧表

※国内銀行の振込手数料は別途負担

入出金コストが他の資金移動手段に比べて安い

本来、入出金手数料はそれぞれ1%かかりますがAxioryが手数料を全額負担しているので、20,000円以上の入出金なら実質無料。

送金手数料が安いため、こまめに入出金しやすいですね^^

curfexのメリット

関東財務局の認可済み

日本ではcurfex JAPANという会社が運営しており、日本国内で資金決済法に基づき資金移動業者として内閣総理大臣の登録を受けています。

関東財務局の登録番号も公式サイトに表示しており、国内で認可を受けている業者であることを証明しています。

海外FXのオンラインウォレットはほとんどが日本の認可を受けていません。

なので金融庁の規制が入り、日本人ユーザーの利用が制限されてしまうことが起こります。

入出金のスピードが早い

営業日であれば1~24時間程度で完了

9:00~18:00が営業時間なので、それ以降に手続きされた送金は翌営業日に。
特に急ぎの入出金で便利です。

手数料が安い

豚の貯金箱に硬貨を入れる男性の手元

先にも説明しましたが、curfex使用料は20,000円以上の入金手数料は0円。
ただし銀行への振込手数料は自己負担なのです。

入出金スピードの速さと手数料の安さで、こまめに資金の出し入れができる点は助かりますね。

特に出金に関しては、通常海外送金なら2,000~4,000円。
この点、無料出金できるのは非常にありがたい!

curfexのデメリット

Axioryでしか使えない

curfexは現時点ではAxioryでしか入出金手段として対応していません。

現状Axiory専用の送金業者
他のFX業者で使えないのが残念な点ですね。

また、反対にAxioryでの国内送金はcurfex以外の選択肢がありせん。

入金は日本円のみ

日本円の硬貨

curfexでAxioryに国内送金できるのは日本円だけ。

Axioryで日本円口座のみなら特に問題ないでしょうが、ドルやユーロ建ての口座の場合は少し面倒です。

Axioryのドル口座、ユーロ口座に入金したいなら、日本円口座を別途開設し、日本円口座にcurfexから入金→口座間資金移動で資金を振り替えなければなりません。

本人確認が必須

運転免許証

海外のオンラインウォレットは本人確認をしなくても限定的な機能であれば利用できる業者もあります。

ですがcurfexの場合、関東財務局の監督下にあるだけあって本人確認をしなければ利用することができません。

本人確認資料として使えるもの
  • マイナンバーが確認できる資料
  • 写真付きの公的証明書

本人確認資料をアップロードした後、認証メールからアドレス認証をします。

入金実績がないと出金できない

これはAxioryのルールですが、出金には同じ手段で入金した実績が必要。
つまり、curfexで1度でも入金実績を作らなければなりません。

ただしAxioryにクレジットで入金したなら、入金額まではクレジット出金が最優先になります。

【実践】curfexの入金方法

あらかじめcurfexで登録が済んでいるものとして説明します。

手順1
curfexで入金
  1. Axioryマイページにログイン
  2. 入金ボタンをクリック
  3. 「国内銀行送金by Curfex」をクリック

国内銀行送金by Curfex

手順2
振込む

振込先情報が表示されますので、そこに銀行振込して完了。

振込の際には依頼人名義は、
Axioryの口座番号 + ローマ字氏名

例 123456 HANAKO YAMADA

 

curfexの出金方法

手順1
出金ボタンをクリック
  1. Axioryマイページにログイン
  2. 出金ボタンをクリック
  3. 「国内銀行送金by curfex」をクリック
手順2
出金金額を入力
出金申請画面の出金口座、受け取り銀行名を確認し、出金したい金額を打ち込みましょう。

curfex出金フォーム

手順3
ボタンクリック
「国内銀行送金で出金する」ボタンをクリックして完了です。

Axioryの入出金手段としては1番オススメ

curfexはAxioryを利用するなら、セットで登録しておきたい便利な国内送金手段。

現時点でAxioryでしか使うことができず、他の業者と業者間資金移動の利便性はありませんが、入出金スピードと手数料などを考えると使わない手はないと言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


888倍のハイレバトレードができる! 入金ボーナスGet☆
XMの公式サイトはこちら
888倍のハイレバトレードができる! 入金ボーナスGet☆
XM公式サイトはこちら