MT4でのOCO、IFD、IFO注文のやり方とトレーリングストップの設定方法を画像付きで解説

パソコンでお金を得た女性

初心者がMT4でつまづくのが「注文方法が分かりにくい」という点でしょう。
中には諦めて「成り行き注文のみ」という人もいるでしょうね。

確かにMT4の注文方法は、国内業者のトレーディングシステムに比べて分かりにくいというデメリットが。

しかし、覚えてしまえばそこまで難しくないですよ。

まりえ

複数の注文方法を使いこなせるとトレードを有利に進められますので、これを機にマスターしましょう!

OCO注文のやり方

OCOは2つの注文を一斉に出すやり方。
片方が約定したら、もう片方の注文が自動的にキャンセルになります。

注意点
MT4は、新規のOCO注文ができません。
できるのは決済のOCOだけ。

国内FX業者のオリジナルツールでは新規OCOができることが多いため、この点でMT4はややこしいと感じるかもしれませんね。

MT4は海外トレーダー向けに開発されているツール。

「OCOは決済時に重宝するけど新規ではさほど使わない」という見解のもと作られています。

OCO注文の手順

手順1
注文変更または取り消し
チャート下のターミナルウィンドウのポジションの中からOCO注文するものを右クリックしましょう。

「注文変更または取り消し」を選びます。

注文変更または取り消し

手順2
OCO注文の発注
そして決済逆指値と決済指値の価格を打ち込みましょう。
そしてその下の注文を変更ボタンを押せばOCO注文ができています。

オーダーの発注

 

上で説明した通り、MT4では新規のOCOはできません

まりえ

なので新規でOCOのように発注したいときは、2通りの新規指値注文をし、片方が約定したら手動で片方の注文をキャンセルするしかありません。

このため、頻繁にMT4をチェックしなければならず、あまり現実的な方法ではないですね。

IFD注文のやり方は?

IFD(イフダン)は、新規・決済または損切注文を一斉にするやり方。

もし(if)、約定したら(done)、決済指値(or逆指値注文)が有効になる、というもの。

IFD注文はチャートに張り付けないときでも、自動的に新規注文〜決済までをやってくれる注文方法ですので非常に便利です。

手順1
発注画面の表示
MT4上部の「新規注文」を押し、発注画面に移りましょう。
手順2
指値金額を入力
決済指値or決済逆指値のどちらかに金額を打ち込みます。
(両方に入力すると次に説明するIFO注文になります。)

オーダーの発注その2

手順3
「指値注文」を選択
注文種別は「指値注文」。
手順4
発注ボタンをクリック
新規の指値価格を打ち込み、発注ボタンを押します。

現在価格より少なくとも40ポイントオーバーでないと、グレーアウトしてボタンが押せない状態になります。

発注ボタンに色がついていない場合は指値価格を現在価格よりもさらに離して設定してください。

IFO注文のやり方

「イフダンOCO注文」とも言い、新規指値・決済利確・損切の3つの注文を一斉に行うやり方。

IFDとほぼ同じ

手順1
発注画面の表示
MT4上部の「新規注文」で発注画面に移ります。
手順2
指値金額を入力
決済指値・決済逆指値の2つに指値金額を打ち込みます(片方のみだとIFDになってしまいます)。

オーダーの発注その3

手順3
「指値注文」を選択
注文種別を「指値注文」を選びましょう。
手順4
発注ボタンをクリック

新規の指値の値段を打ち込み、発注ボタンです。
現在価格より更に40ポイント離れた所でないと、グレーアウトしてボタンが押せません。

発注ボタンに色がついていない場合は指値価格を現在価格よりもさらに離して設定してください。 

仕事などで成り行き注文が難しい人や新規注文から利確、損切までを自動的に行っておいてほしい場合にはIFO注文は非常に有効です。

まりえ

使いこなせるとトレードが楽に。
利幅、損切幅などのベストな所を研究してみましょう。

MT4でトレーリングストップ。どうやって設定するの?

トレーリングストップって一体なあに?

これは価格の変動をトレール(追跡)しながらストップロスの値が変わっていくというもの。
損切レートが価格を追いかけていくんですね。

トレーリングストップを設定しておくと、最初は損切注文となりますが、価格が上昇していけば損切ラインが上昇した分引き上げられ、利確注文となっていきます。

買いポジションが一旦は上がっていたものの反転して結局損切になった、という経験はありますよね??

トレーリングストップはこのようなことを防ぐというメリットがあります。

トレーリングストップの設定方法

トレーリングストップの設定は保有ポジションに対して行うことができます。

手順1
トレイリング・ストップ
チャート下のターミナルウィンドウのポジションを右クリック→「トレイリング・ストップ」→カスタム設定です。

トレイリング・ストップ→カスタム設定

手順2
カスタム設定

標準では40〜75ポイントまで5ポイント毎に設定可能。
好きな幅にしたいなら「カスタム設定」を選びましょう。

好きなポイント数を入力

そして、好きなポイント数を打ち込みます。

1ポイントは1pipsに該当し、999999ポイントまで設定することが可能です。
入力したらOKをクリックすれば設定が完了です。

手順3
解除
トレーリングストップを止める場合は設定時と同じようにターミナルウィンドウのポジションを右クリック→トレイリング・ストップ→「無し」を選びましょう。

トレイリング・ストップ→「無し」

トレーリングストップは、スイングトレードなどでトレード画面から離れる時間が長い場合に非常に有効。

また、相場で高値(or安値)が更新され続けているときに、マイナスを抑えつつ利益を伸ばせるため、ぜひ取り入れてみてくださいね!

MT4の注文をマスターしよう

MT4での注文は、FX会社のトレードツールに比べてやや分かりにくい部分があります。

国内の投資家向けのシステムと海外投資家向けのシステムの考え方の違いもあるでしょう。
最初は使いづらいと感じる部分もあるかもしれません。

ですが覚えてしまえば簡単ですし、機能面も充実していますので、注文の仕方を覚えてトレードを優位に進めてみてください。

\月間1000pips以上の利益は当たり前/
デイトレ大百科の教材レビュー デイトレ大百科の評判は?教材暴露レビュー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


888倍のハイレバトレードができる! 入金ボーナスGet☆
XMの公式サイトはこちら
888倍のハイレバトレードができる! 入金ボーナスGet☆
XM公式サイトはこちら