XMで両建て禁止なの?OKなやり方は?

ロングポジションとショートポジションを同時に持った状態を「両建て」といいますよね。

この「両建て」、FX会社によっては禁止しているところもあるんです。

XMでは同一口座内での両建てはOKですが、複数口座をまたがった両建て、他業者間をまたがった両建てはNGで、XMの規約違反にならないよう注意が必要です。

ここではXMで行ってもよい両建て、ルール違反の両建てについて説明していきますね。

XMで認められている両建てと禁止されている両建て

XMの規約違反にならないよう、きちんと整理しておくことが大切です。

XMでの両建て
  • 同一口座内での両建て→OK
  • 複数口座間での両建て→NG

  • 異業者間での両建て→NG

XMでは同一口座内での両建てだけを認めていて、それ以外は違反行為としています。

なぜ同一口座間以外での両建てがダメかというと、XMではマイナス残高リセットをするゼロカットシステムを取り入れていることが大きなポイントです。

FXでは強制ロスカットがあるので、口座がマイナスにはならないと思っている人が結構いるのですが、まれに為替相場が急激に大暴落して強制ロスカットの注文が通らず、マイナスになるケースがあります。

国内FXでは口座がマイナスだと、投資家はFX会社に借金している状態になり、マイナス分をFX会社に返済しなければなりません。

ですが、XMをはじめとする海外FX会社の多くは「ゼロカットシステム」という仕組みを採用しており、顧客口座のマイナスを0にリセットして戻してくれます。

この仕組みを悪用して両建てを行うとFX会社であるXMが損するため、XMでは同一口座間以外の両建てを禁止しています。

MEMO

もう少し詳しく解説しますと、例えば経済指標などで瞬間的に大きく相場が動くときにXMの他口座間または他業者口座間で反対ポジションを持ちます。

そして、XMの口座マイナスリセットの仕組みを悪用して一方の口座でゼロカットにより損失が限定され、もう一方の口座で利益を延ばすことが可能になってしまいます。

ゼロカットシステムは顧客を守るためにXMが用意している仕組みで不当に儲けを出すための仕組みではありません。

そのためXMではゼロカットを悪用できる恐れがある異口座間での両建てを禁止しています。

XMではアービトラージはNG

業者間両建てに関連して、XMではアービトラージ(裁定取引)はご法度です。

MEMO
アービトラージとは、同一通貨ペアでもFX会社ごとに売買価格が違うことを駆使して両建てを使って稼ぐ手法のこと。

アービトラージ

アービトラージの手法は各FX会社で売買レートが異なることを利用して業者間両建てをします。

主に大きなニュースや重要指標で大きく為替が変動したとき、2つの業者間のレートが大きく離れることがあります。

その瞬間を狙って片方の業者で売りポジション、別の方は買いポジションを同じ枚数持ち、業者間両建てを両立させます。

その後、2つの業者のレートが通常通りに近づいてきたタイミングで同時にポジションを解消します。

このようにリスクなしの両建てで利益を得ようとする方法がアービトラージです。

また、業者間のスワップポイントの違いを狙って一方のFX会社で買いポジションを、別の会社で売りポジションを持ち続けるスワップアービトラージも業者間両建てとなりますので、XMをはじめとした多くの海外FXでは禁止されています。

リスクなしの触れ込みでスワップアービトラージの手法をオススメしているサイトもありますが、多くの海外FXでは不正行為にあたりますので行わないようにしましょう。

XMで両建てはバレる!?

XMで違反とされる口座間をまたいだ両建てですが、「他業間の両建てならバレないのでは?」と考えるかもしれません。

ですが、XMに限らず海外FXの各社はアービトラージや複数人で口裏を合わせて両建てを行うなどの行為を厳しく監視しています。

FX会社は顧客の不正行為による損失を避けるため、多くのシステムとノウハウを導入していますので、不正行為は必ずバレると考え、手を出さないようにしましょう。

バレたらどうなる!?

不正行為がバレたら利益没収や出金拒否、口座凍結などのペナルティが…(T_T)

国内FX会社に比べて規制が緩いXMですが、利益没収や出金拒否のペナルティはかなりの痛手となります。

自由度が高く利益を出し過ぎてもペナルティを受けることのないXMですので最低限のルールを守ればペナルティを受けることもありませんが知らないうちにXMの規約を違反していたということのない様にしましょう。

XMの両建ては証拠金が0円!

FXでは基本的に買いと売りそれぞれのポジションに証拠金を用意しなければいけませんよね。
ですが、XMでは両建てポジションの証拠金が不要です。

そのため、両建てのときは資金に余裕ができ、資金が足りないよる強制ロスカットを避けたり、証拠金を効率よく回せます。

また、ロングポジションを長期戦略で保有し続けながら下降局面をショートで短期トレードしていくというやり方もできます。

このように、XMの口座内で両建てを活用して利益を伸ばしたり、逆に証拠金残高が心配なときに両建てで食い止めることもできます。

気を付けておきたいのは証拠金が0円なのは「両建てしている間」だけ

両建てを解除したタイミングで証拠金が必要になることは覚えておいてください。

両建ての証拠金がゼロだからといって資金に対して桁外れなポジションを持つと、両建てを解除した途端に証拠金不足でロスカットになる可能性もあります。

両建て中でもポジション管理は怠らないようにすることが大切です。

また、両建てはポジションを建てるときは簡単ですが、解除するのが非常に難しいものです。

両建てを解除するタイミングは上級者でも難しく、両建てをオススメしていない投資家も多くいるほどです。

なので、デメリットも知ってむやみに両建てポジションを取らないようにしましょう。

まとめ

XMでは異口座間の両建て、アービトラージは禁止され、両建て行為は厳しく監視されています。
バレると利益没収や出金ができなくなったり、口座凍結など、厳しいペナルティが待っています(;_;)

意図的なルール違反でなかったとしてもペナルティを受けてしまう可能性もありますので、口座をまたいだ両建てをしないよう注意しましょう。

一方で、同一口座内での両建てはOKですので上手く両建てを活用して利益を伸ばしましょう。

XM XM(XMtrading)の口座開設2ステップの手順を解説【完全版】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA