低レバ無限ナンピンなら負けない?

低レバ無限ナンピン

低レバレッジで無限にナンピンをし続けていたらリスクなく稼いでいくことができるのでしょうか。

この戦略は、損切せずにレートが下がったら無制限にナンピンしてポジションをとっていく方法。

一部ネットでは「聖杯」とまで呼ばれている手法ですが、実際にはどうなのでしょうか。

結論から言えば、

  • 資金さえ潤沢にあれば無限ナンピンは成立する
  • トータルで勝てる手法を持っているなら意味がない

まりえ

ここでは、無限ナンピンについて解説します。

低レバ無限ナンピンとは

相場が反転するまで一定の値幅でナンピンし続ける手法です。
基本的には下降トレンドの時に買いを入れ続けます。

例えば1ドル=110円から1ドル=109円になったら買い、さらに108円になったら買い増しを行います。

下降トレンドが続く限り買い増しを続け、反転してある程度の値幅で利確します。

レバレッジをかけると、レートが下がり続ければロスカットのリスクがある

そこで、レバレッジを1倍か2倍程度の超低レバレッジに抑えて安全にナンピンを行う、というのが低レバ無限ナンピンのトレード手法です。

低レバレッジならばロスカットの心配もなく、あとは反転して利益が出るまで待っているだけ。

低レバ無限ナンピンのメリットは?

あまり相場予想をしなくても良いこと。

そのため、相場予想することに疲れたり、チャートの勉強に向いていないヒトに人気がある手法のよう。

低レバ無限ナンピンのリスクとは

資金がなくなるリスク

お金が無くなる

無限ナンピンは、まとまった資金力がカギ。
特に低レバレッジで行うのでその分資金が必要になります。

まりえ

ドル/円なら1000通貨でもレバレッジ1倍なら10万円、レバレッジ2倍なら5万円が必要。

相場が下がり続けても資金が足りなかったらナンピンすることができず、チャンスをみすみす逃すことになってしまいます。

無限ナンピンを行うためには、その通貨の値動きに合うだけの資産を用意しておくことが成功のカギです。

損切を選択肢から外すリスク

無限ナンピンは損切をせずに損失に耐え続けて相場が反転して利益に転換するのを待つというスタイルです。

ですが、FXは損切が必須。

思惑と違う流れになった時点で潔く損切を行うことで、損失を最小限に抑えて資産を守ります

損切を行わずに耐え続けていたら、利益に転換するか、または全ての資産をロスカットで失うかの2つの選択肢しかなくなってしまいます。

1回助かったとしても、次も乗り切れるとは限りません。
一発退場になりたくなかったら損切は必須でしょう。

通貨ペア(銘柄)がFX業者で取り扱い停止になるリスク

損切をせずにずっと耐えていればいつかは利益が出る、というのが無限ナンピンの考え方ですが、FX業者側のリスクも考慮しておかなければなりません。

通貨ペアは、突然取り扱い停止になることもあります。
その場合、取り扱い停止日にすべてのポジションが強制決済されてしまいます。

高スワップの新興国通貨は、業者が取り扱い停止にする可能性も0とは言い切れません。

できればドル/円やユーロ/円などのメジャー通貨で無限ナンピンすると良いでしょう。

一方的なトレンドが長年続くリスク

頭を抱える女性

無限ナンピンはレンジ相場であれば繰り返し稼ぐことができます。

しかし、一方的なトレンドが続く場合はチャンスを失うか、損失に耐え続けるかのどちらかになります。

上昇トレンドがずっと続いている場合はポジションをとれずに稼ぐチャンスがなくなります。

逆に下降トレンドがずっと続く場合は損失に耐え続け、最悪の場合、強制決済で一発退場になるまで黙って待っていなければならない状態になります。

無限ナンピンは相場の状態に応じてトレード戦略を変えられませんので、レンジ相場以外は苦しい状況が続くだけとなってしまいます。

FXはトータルで勝てばOK。トータルで勝ってるなら無限ナンピンはあまり意味ナシ

まりえ

無限ナンピンのリスクについていろいろ解説してきましたが、まとめると効率が非常に悪いトレードスタイルだということです。

FXは「トータルで勝つ」という考え方を持つと稼げる

パソコンとスマホとチャート

勝率が高ければ利幅が狭くても稼いでいけますし、勝率が低くても利幅が大きければ稼いでいけます。
トータルで勝っていけば◎。

そのためには思惑と違うことが起こったら躊躇なく損切して、新しいチャンスを待ちましょう。

そうすることで全体の勝率が上がったり、全体の利益が上がるのです。

無限ナンピンは「トータルで勝つ」考えを一切排除した手法

まりえ

新しいチャンスを待つための損切も、損失をこれ以上広げないための損切も行いません。

これはかなり効率が悪い方法です。

FXはレバレッジで、外貨預金と比べ早く稼げるのがメリット。

ですが、そのようなFXの利点を使わずにトレードすることは、いたずらに資金を危険にさらすだけに。
リスクの方が大きくなってしまいます。

資金が尽きて退場が先か、利確が先か…それが無限ナンピン

リスク

無限ナンピンは、相場予測という初心者には一見難しいと思われる相場の基本を無視して機械的にトレードしていく方法です。

まとまった資産がある人がのんびり資産を大きくしていく、という面では有効な手法でしょう。

しかし、一般的な個人トレーダーの資金量で無限ナンピンをしようとすると、相場が下がり続けたときに資金が足りず、ただ身動きが取れない状態になってしまいます。

最悪強制ロスカットで終了という事態も十分考えられます。

利益をとれるか、身動きが取れずに損失を抱えてしまうか、それが無限ナンピンです。

安易に始めて失敗しないようによく戦略を考えて行うとのがオススメです。

\月間1000pips以上の利益は当たり前/
デイトレ大百科の教材レビュー 【デイトレ大百科の評判】教材を徹底暴露レビューしてみたよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA