南アランド円の特徴と値動き予想【2020年後半】

南アフリカ共和国の国旗

南アフリカランドは、高金利通貨。
スワップ狙いの投資家に人気が高いです。

しかし、南アランド/円はここ10年ほど下降し続けています。

まりえ

スワップ投資であっても値動きを見ることは重要。
なので、今回は南アフリカランド/円の値動きをお伝えしていきますね!

南アフリカの規模は?

南アフリカの地図

アフリカ大陸の最南端にあり、人口5900万人の国です。

名目GDPはサブサハラ・アフリカ(サハラ砂漠より南の地域)内の20%を占めていて、ナイジェリアに次いで第2位の経済大国です。

人口

移民も含めて毎年80万人増加していて、平均年齢が27.5歳と非常に若い国です。
出生率が高く、人口動態は有利な状態が続くでしょう。

貿易

貿易に積極的な国です。
2009年あたりから、貿易相手国のメインが欧州→アジア・アフリカ地域へと変わっています。

特に、中国は2009年から最大貿易相手国で、緊密な関係を維持しています。

南アフリカの弱点

  • 経済成長率が低い
  • 失業率が高く深刻な雇用問題を抱えている

まりえ

経済成長は2008年の世界金融危機から鈍り、他の新興国に遅れを取っています。

その理由として、既存のインフラがアパルトヘイト期に整備されたもので劣化が進んでいるのに新たなインフラ投資、設備投資が不足しているという点が挙げられます。

現状、電力や水道の供給も不安定な状態で、普通の日常生活を行うことも困難な人々がいるのです。

その上、教育水準が低く、汚職や労使紛争が多発している環境ですので、せっかく若い人口が増え続けてもそれを活かせない環境が続いています。

ここ10年間の南アランド/円の値動き

この10年ほどの間の南アランド/円がどのような動きをしてきたかを見てみましょう。

結論から言えば、南アフリカの政治・経済の状況以上に世界の経済情勢に引っ張られる傾向が多くみられています。
南アフリカの経済状況|ほぼ世界の経済の混乱に巻き込まれる形で下降
  • 2008年10月 世界金融危機により大幅下落
  • 2010年 FIFAワールドカップに向けて上昇
  • 2011年 ドル高、円高の影響で下降
  • 2016年 チャイナショックにより大幅下落
  • 2020年 コロナショックにより下落

南アランド/円月足。世界の経済混乱により下降の一途を辿る。

2008年10月 世界金融危機で大幅下落

10月24日、サブプライムローン問題を発端とした世界金融危機で、ランド/円は13.958円から6.3円も急落して7.62円になります。

2008年10月は世界中で為替、株価が大幅下落しましたが、新興国通貨である南アランドは大打撃を受けました。

2010年 FIFAワールドカップに向けて上昇

サッカーボールと青空

その後2009年頃からFIFAワールドカップ南アフリカ大会に向けて南アランドは上昇し、大会前後は横ばいで推移します。

上昇の要因はワールドカップ開催に向けて南アフリカが世界中に注目されたことがあります。

それに加え、南アフリカのインフレ圧力の低下と景気の先行き不安により段階的に政策金利を引き下げたことと、新興国通貨が中国景気にけん引されて資源国を中心に上昇したことによります。

2011年 ドル高、円高の影響で下降

しかしリーマンショック後の本格的な景気回復で、ドルと円が上昇傾向になります。
これによりランド/円、ランド/ドル共に下落する原因に。

その後、2015年まで鉱山ストライキなど雇用の問題があり、価格を回復できないまま推移することになります。

2016年 チャイナショックで大幅下落

2016年はチャイナショックの煽りを受け、史上最安値の6.37円まで下落してしまいます。

その後反発して値を戻しますが、今度は国内の政治不安により緩やかに下降します。

2020年 コロナショックで下落

新型コロナウイルス

コロナの感染拡大によって、世界規模で計り知れない被害が出ました。

南アランドもコロナにより大きく下降し史上最安値の5.60円を記録しますが、この下降は国内の感染拡大というよりも世界的なものよる株安に引っ張られたものと思われます。

というのもアフリカ諸国では現状、当初予想されていたよりもコロナウィルスによる被害は少ない状況です。

インフラが整備できていない状態があるものの、死亡率もそこまで高いという訳ではなく、ロックダウンも解除し、行動規制をレベル5からレベル3まで緩和してきています。

南アランド/円の特徴

2019年の南アランド/円の取引高シェアは全体の0.9%/日となっています。
つまり取引高がわずかで、ボラティリティが高い通貨なんですね。

また、南アフリカランドは他の新興国と比較して海外投資家の保有率が高いことも特徴です。

しかも南アフリカ中銀による為替介入は控えられているため、この状況がボラティリティの高さに拍車をかける形となっています。

なので、世界的なリスクオフが起こると南アランド/円は売られやすくなります。

リスクオン時には資金が流入しやすいのですが、リスクオフになると一気に資金が流出しますので、ランド/円も急落する傾向が見られます。

南アフリカの株式市場が開場している時間帯が、欧州・ロンドン市場という最も市場参加者が多い時間帯と被ることもボラティリティの大きさに繋がっているとも言えるでしょう。

さらに、南アフリカは経済が低成長にとどまっている上に財政難で政府や中銀が適切に為替介入を行うことができないため、リスクオフ状態が終わってもなかなか元の水準まで上昇しにくいのです。

これが下落と横ばいを繰り返す前章のチャートの形状に現れていますよね。

なので、リスクオフ時に南アランドの下落を予想してショートで仕掛けてくる投資家がいるので大幅下落には十分注意が必要。

南アランド/円2020年下半期の見通し

それでは2020年後半の南アランド/円の値動きを予測していきます!

南アランド/円の日足チャート

南アフリカランドは2008年から下落基調。カップ&ハンドル形成か?

また、南アフリカの現状からして上昇トレンド転換は難しいものと思われます。

新型コロナウィルスの感染状況が改善したため、5月からは反発していますが、下降トレンドライン(緑)に押さえつけられる形になっています。

ただ、サポートライン(オレンジ)が存在していますので一旦5.9円くらいで下落は一服する可能性もあります。

このチャートですが、2020年3月から現在の6月までの形状を見てみるとカップ&ハンドルを形成しているようにも見えます。

まりえ

3月のもみ合いの期間が少し短いので何とも言えませんが、これをカップ&ハンドル形成中とみて分析したいと思います。

南アランド/円日足チャート。カップ&ハンドルを形成中

3月に6.5円付近で少しもみ合った後、下降して4月から5月にかけてソーサーボトムのような形を作っています。

その後上昇して6月に3月のもみ合い地点(オレンジのライン)で反落しています。

この状況から再びオレンジのラインまで上昇したらカップ&ハンドルが完成します。
カップ&ハンドルは市場参加者の心理が非常に分かりやすく現れるチャートパターンです。

ソーサーボトム&ソーサートップの特徴とエントリー方法を解説 ソーサーボトム&ソーサートップの特徴とエントリー方法を解説

オレンジのラインまで価格が戻るかどうか着目

3月のオレンジのラインでロングポジションを取ってしまった人が含み損に耐え続けてきて、6月にオレンジのラインに価格が戻ってきた時点でプラスマイナスゼロで終わりにしたくて決済します(売りをする)。

そうして下降したのが現時点です。

追撃のショートとロングが交錯|もみ合いになりやすい

もしオレンジのラインまで価格が戻り、カップ&ハンドル形成になった場合、オレンジのライン上でもみ合いになる可能性が高くなります。

もし、買い勢力が負けたら…

オレンジのラインよりも下に動き始めたら下降トレンド再開とみてショート戦略となります。

下落の目標値は一旦4~5月の底値の5.6円付近となります。

反対に、オレンジのラインを突破した場合は…

一度オレンジのラインに価格が戻ってくるロールオーバーという形になります。

その後、再び上昇し始めたら上昇トレンド開始とみてロング戦略を取ります。
上昇の目標値は2月に推移していた7.4円です。

南アフリカランドはスワップ投資で人気の通貨。値動きだけは要注意

スワップ投資で注目を集めているものの、既に10年以上下降トレンドが続いており、世界のリスクオフに非常に影響されやすい値動きをします。

まりえ

他の新興国通貨に比べて反発しにくく、せいぜい横ばいで耐えているうちに次の危機がやってきて下降するということを繰り返していますので、スワップ狙いで安易にポジションを取ると取り返しのつかないことになりかねません。

特に2020年後半は、先進国にコロナの第2波が来たら世界経済の打撃は免れません。

南アランドは海外情勢に振り回されることがパターン化していますので、第2波で再び急落という可能性もありますので注意してくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


888倍のハイレバトレードができる! 入金ボーナスGet☆
XMの公式サイトはこちら
888倍のハイレバトレードができる! 入金ボーナスGet☆
XM公式サイトはこちら