サクソバンク証券でFXやCFDトレードを始めよう♪口座開設方法を紹介

サクソバンク証券

高い約定力と取引できる通貨ペア数の圧倒的な多さが魅力的なサクソバンク証券。

1992年にデンマークで創業したサクソバンクグループの一員で信頼性も高いです。

【クリック!】サクソバンク証券公式サイト

サクソバンク証券をオススメする3つの理由!

  1. 国内最多の取引通貨ペア数!150以上だからマイナー通貨もトレードできる
  2. サクソバンク証券オリジナル自社取引ツール以外にMT4やTradingViewでもトレード可能!
  3. バツグンの約定力!EA運用にもぴったり

国内最多の取引通貨ペア数!150以上だからマイナー通貨もトレードできる

なんと158通貨ペアで取引できるというから驚きです。
他の国内FX業者だと多くても30種類程度ですよね。

「○○をトレードしたいのに、取り扱ってない(>_<)」と他の業者で諦めていたマイナーな通貨ペアも、サクソバンク証券ならあります!

サクソバンク証券オリジナル自社取引ツール以外にMT4やTradingViewでもトレード可能!

国内のFX業者だと自社オリジナルの取引ツールが用意されていて、それでトレードすることがほとんどです。

MT4やTradingViewといった人気ツールでのトレードにも対応しているので、慣れているツールを使いたい、メジャーな取引ツールでトレードしたい、という要望も叶えられます。

バツグンの約定力!スキャルピング歓迎でEA運用にもぴったり

(株)バリュー・アップが米国雇用統計前後の約定力を調査において、サクソバンク証券は総合約定力No.1獲得しています。
その高い約定力と低スプレッドのため、より有利に取引を進められます。

まりえ

裁量トレードで利用のはもちろんのこと、バックテストとの乖離が少ないのでEAの運用にもオススメです。

リクオートやスリッページも最小限なので使いやすいです。

また公式サイトに「スキャルピング歓迎」との文言があるのがうれしいところですね。

サクソバンク証券の基本データ

運営会社サクソバンク証券株式会社
レバレッジ最大25倍
スプレッド最狭水準(固定スプレッドではありません)、A-Book
通貨ペア数158通貨ペア
最低取引単位1000通貨(ただしマイナー通貨やエマージング通貨を含む通貨ペアでは、それ以上の数量を設定しているケースも有り)
信託保全先日証金信託銀行

まりえ

158もの通貨ペアをトレードできるのが魅力。
また、A-Bookなので取引の透明性も高いですね。

>>サクソバンク証券公式サイトをチェックする

サクソバンク証券の口コミ

>>サクソバンク証券公式サイトをチェックする

サクソバンク証券のよくある質問

まだ保有中のポジションのスワップポイントの出金はできますか?

未決済のポジションでもスワップポイントの出金は可能です。

入金方法は?

通常入金とクイック入金の2種類あります。

通常入金の振込先は三井住友銀行で、入金手数料はトレーダーの負担になります。

クイック入金はインターネットバンキングを契約している人が利用できます。
入金が即時反映され、振込手数料はサクソバンク証券側が負担してくれるので、こちらの方がオススメです。

出金はどれくらい時間がかかる?

午前9:30までの出金依頼で、翌営業日~翌々営業日に送金されます。

サクソバンク証券の口座開設方法

サクソバンク証券でFXやCFD取引を行うための口座開設方法を見ていきましょう。

まりえ

サクソバンクでFXをするためには、株式、FX、CFDなどの総合的なサービスを提供する口座を持っておきましょう。

サクソバンク証券公式サイト

まず公式サイトの左下もしくは右上に表示されている「口座を開設」ボタンをクリックします。

口座開設フォームに入力

個人データの海外提供に関する同意画面

口座開設フォームが表示されたら、まずは個人データの海外提供に関する同意にチェックしましょう。

お客様情報入力フォーム

次に氏名や生年月日を入力します。
フリガナもお忘れなく。

メールアドレス、電話番号の入力フォーム

さらにその下には連絡先を入力。
メールアドレスを2か所に埋め、携帯電話番号はハイフン無しで。

キャンペーンコードがあるなら、それも入れておきましょう。
もちろん空欄でもOK。

住所の入力

住所の入力フォーム

住民票記載の現住所です。
郵便番号、都道府県、市区町村、番地をそれぞれ入力します。

集合住宅に住んでいるなら、マンション名等に建物名と部屋番号も書いておきましょう。
一軒家なら空欄にしておきます。

まりえ

入力内容と後で提出する本人確認書類に違いがあると、余計な時間がかかってしまいます。

必ず入力ミスがないことをチェックしておくこと。

勤務先の入力

勤務先の入力フォーム

勤務先ではリストから職業を選びます。
選んだ職業に合わせて記入欄が表示されるので、必要なものを入力しましょう。

会社員であれば会社名、所在地、電話番号などを入力します。

財務状況

財務状況の入力フォーム

財務状況では年収や金融資産の情報を入力します。
審査はそれほど厳しくありません。
おおよそで良いので正確に入力すること。

さらに投資資金の源泉を選択(複数可)、予定している取引頻度を選んでくださいね。

投資経験

投資経験の入力フォーム

株、為替、オプション、債券、CFD、金融先物、投資信託、商品先物の投資経験について、リストからすべて選択してください。

取引口座の選択

取引口座の選択画面

まずは基本口座にチェックを入れます。
その上で取引口座を選びましょう。

一般口座だと税金の計算を自身でやらなくてはいけず面倒なので、サクソバンク側で税金計算をしてくれる特定口座を選ぶのが無難でしょう。

特定口座は2種類

  1. 源泉徴収をしてもらう
  2. 自分で確定申告を行う
どちらか選んでください。

内部者情報や国籍の登録

内部者情報や国籍の登録画面

次に内部者登録にないこと、国籍、米国市民や米国居住者でないことにチェックしてください。

投資目的

投資目的

上の「損失を被る危険性があっても積極的な運用を行いたい」を選択します。

下の「損失をこうむる危険は冒さず安全確実な運用を行いたい」を選ぶと、リスクを受け入れられないと判断され次に進めません。

金融機関口座の選択

金融機関口座の選択画面

金融機関名と支店名を左側の検索欄に入力したら、右側に自動的に銀行コードや支店コードが表れます。

口座種別

次に利用する金融機関の口座データを入力していきます。
口座種別、口座番号、口座名義人を全て埋めます。

同意欄にチェック

同意欄

口座申し込み前の同意書を一通り読み、問題なければ同意欄にチェックを。

特定口座開設届出書や源泉徴収選択届出書など、選んだ口座に対する届出書への同意

その他、特定口座開設届出書や源泉徴収選択届出書など、選んだ口座に対する届出書への同意にチェックを入れてください。

ここまでの内容に間違いがなければ、申し込みを完了させましょう。
申し込み後に内容を変えられないので、間違いがないように。

本人確認書類の提出

2種類の本人確認提出方法を選べる

2種類の本人確認提出方法

書類提出ページが開いたら、どちらか選んでください。
マイナンバーカードを持っているなら、手続きの手間が省かれるのでパターン1がオススメですよ。

提出できる本人確認書類

以下のうちパターン1なら1点、パターン2だと2点提出してください。

  • 運転免許証
  • 各種健康保険証
  • パスポート
  • 在留カード
  • 住民台帳基本カード
  • 特別永住者証明書
  • 住民票の写し
  • 印鑑証明書

本人確認書類のアップロード

提出するマイナンバー関連書類と本人確認書類を用意したら、それぞれスマホ撮影して画像ファイルを用意します。

本人確認書類のアップロード画面

所定の場所にアップロードしましょう。
画像ファイルはドラッグ&ドロップするか、「今すぐアップロード」でアップロードします。

本人確認書類提出時の注意事項
  • モノクロは×。カラーのもので。
  • 申し込み時に記入した住所、本人確認書類の住所、マイナンバー関連書類の住所は、すべて一致していること。
  • 書類ごとの提出規定については、サクソバンクの提出マニュアルをチェック。提出ページの赤枠リンクをクリックしたら表れます。

本人確認書類等の提出についてアップロード後、申し込みボタンをクリックで、口座開設申し込みがお終いです。
お疲れ様でした♪

>>サクソバンク証券公式サイト

サクソバンクの取引ツールを起動する方法

サクソバンクでは、2種類の取引ツールを使えます。

  • Saxo Trader Go・・・マルチデバイス対応(Windows、Mac、タブレット、スマートフォンに対応)
  • Saxo Trader Pro・・・プロフェッショナル向け(Windows、Macに対応)

今回はサクソバンクの高性能取引ツール、「Saxo Trader Pro」の取引ツール起動方法を紹介していきます。

ダウンロード方法

取引ツールのダウンロード

公式サイトのダウンロードページを表示したら、以下のような画面になります。

Windowsなら左側、Macは右側のDLボタンをクリックしましょう。

ブラウザの左下に「Saxo TraderPRO-11…msi」のボタン表示でダウンロードはお終いです。

インストール方法

「Saxo TraderPRO-11…msi」

DLしたファイルをPCにインストールしましょう。
「Saxo TraderPRO-11…msi」をクリックしてインストールします。

ポップアップ画面

上のポップアップ画面が表れたら「Next」をクリックして手続きを進めていきます。

ポップアップ画面その2

次の画面でも「Next」で手続きを進めて行きましょう。
選択肢はどちらにチェックをつけてもOKです。

ポップアップ画面finish

終わったら「Finish」をクリックしましょう。
するとログイン画面が表れます。

取引ツールにログイン

取引ツールのログインフォーム

空欄にユーザーIDとパスワードを入力して、「LOGIN」です。

サクソバンクプロの取引画面
するとサクソバンクプロの取引画面が表れます。
チャートや気配値などを見ながら、注文できるようになっています。

サクソバンクプロのショートカットアイコン

また、デスクトップにはショートカットアイコンがあります。
2回目以降は、これをダブルクリックしてログイン画面を表示させましょう。

以上がSaxo Trader Proの使用方法でした。

基本的な起動方法はSaxo Trader Goと同じです。
スマートフォンやタブレットでトレードするならSaxo Trader Goをダウンロード&インストールしましょう。

>>サクソバンク証券公式サイトをチェックする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA