FXでニューヨーク時間は難しい?特徴と戦略を解説します。

NY時間の攻略法

「日中は会社だから夜にトレードしたい」という方は多いでしょう。
日本の夜はニューヨーク時間にあたり、為替取引がアクティブになる時間帯。

では、特徴を見ていきましょう。

FX3大市場

平日24時間トレードできるFX。
というのも世界各国で次々と開場していくからです。

FXの3大市場

世界の中で特に大きな市場は、世界3大市場と呼ばれています。

  • 東京市場:9:00~15:00
  • ロンドン市場:17:00~3:00
  • ニューヨーク市場:23:00~7:00

NY時間の特徴

まりえ

NY市場は世界3大市場の中で2番目の取引量を誇ります。
1位はロンドン市場、3位は東京市場です。

ロンドン市場は為替市場で取引量が最も多く、NY市場は株式市場での取引が最も多いという特徴があります。

国別為替取引量シェア推移

国別為替取引量シェア推移の表出典:国際銀行

欧州時間と重なる時間帯は取引量が活発になる

ロンドン市場とNY市場は重なっている時間がありますよね。
なので、日本の夜の時間帯は取引が最も活発になります。

特に22:00~24:00の動きはすごいですね!

ドルストレートの取引量が多い

NY時間では米国の投資銀行や金融機関が主に取引するので、ドル絡みが活発な動きを見せます。
米ドル、カナダドルの通貨ペアは特に盛んな値動きをします。

重要指標の発表に世界中が注目👀

米国内だけでなく、世界中が見守っています。
1番重要度が高いのは、“米雇用統計”
その発表時には瞬間的に大きく米ドルが動きますので気をつけましょう。

【NY時間後半】取引量が減る

ロンドン市場が閉まる25:00頃は、これまでの活発な値動きとは一変。
落ち着いた値動きになります。

特に日本の朝方~オセアニア市場開場の時間は停滞した値動きになり、流動性も低いです。
この時間はスプレッドが広くなったり注文が滑りやすくなります。

NY時間の注意点

ニューヨークの夜景

それではNY時間でトレードする際の注意点をご紹介します。

NYオプションカットにご用心!

NYオプションカット=NY市場でのオプション権利行使の締め切り時間
「カットオフタイム」とも称されます。

オプションカットの時間(いずれも日本時間)
  • 冬時間:24:00
  • 夏時間:23:00

権利が失効する直前に大金をつぎ込んでレートを吊り上げようとする者と逆に引き下げようとする者の攻防が行われ、相場がアクティブに動きやすいです。

また、24:00に大きなポジションのオプションが解消され、反対売買により元のレートに大きく戻る動きもみられることがあり、激しい動きをする時間帯です。

もちろん、東京市場にもオプションカットはありますよ!
東京市場だと15:00で、NY市場ほど大きな市場ではないので特に為替に強い影響を与えることはありません。

重要指標の発表に注意して

NY時間は、世界的に注目度が高い米国の指標が発表されますよね。

まりえ

上にも書いたけれど、毎月第一金曜日22:30発表の雇用統計発表時は場合によっては一瞬でドル円が1円以上動くことも!

なのでいつも以上に気を引き締めて相場に臨みましょう。

その他、6週ごとに行われるFOMC政策金利発表などもサプライズがあったらドンッと動くし、FOMCは日本時間の4:15。

なので、あらかじめスケジュールは把握しておき、ポジション管理はしっかりとね☆

NY時間のトレード戦略

通貨ペアは米ドル円またはユーロドルがオススメ

米ドルのお札

ドル絡みの通貨ペアはこの時間流動性が高いので、為替レートも動きやすいです。
それとは別に、いつもトレードしていてあなたが得意な通貨ペアがあったらそれでも問題ありません。

特に決めてないなら、初心者さんは馴染みのあるドル円がよいでしょう◎。

トレード戦略は順張りで

NY時間のトレード戦略は、基本通り順張りで。

トレンドフォロー系のインジケーターを使い、トレンドに乗ってトレードしましょう。

日本時間夕方の欧州時間で新しいトレンドが起こり、NY時間もそれを引き継ぐことがよくあるのですね。
また、為替の攻防が起こっているときの逆張りは危険です。

基本に忠実であることがポイントです。

23:00~25:00のトレードは避ける

前述したように24:00はNYオプションカットの時間。
また、25:00にはロンドンフィキシングがあり、これも為替が大きます。

為替レートが乱高下し方向感の見えにくい激しい値動きになることもあるので、この時間のトレードは避けた方が無難です。

指標発表時は相場から離れて。

“指標発表トレード”と言ってその時間を狙ってスキャルピングをする手法があるけれど、これは非常に難易度が高く、短時間勝負の中で注文も滑りやすいので初心者には上手く行かないことがほとんど。

まりえ

失敗の可能性も織り込み済みで狙っていくなら良いのですが、そうでなく、無駄に消耗するならやめておいた方が良いかと。

NY時間の値動きを掴んで稼ごう!

NY時間は方向感が分かりにくく、難しい時間帯であることも。
更に、この時間帯の参加者はヘッジファンドなど機関投資家といった金融のプロたち。
勝ち抜くのはかんたんではありませんね。

でも流動性が高く稼ぎやすい時間帯でもあります。

まりえ

トレードルールをしっかり作って取引していけば大きく稼げる可能性もあります。

特に夜しかトレードできない人は、どんどんチャレンジしてお金を増やしていきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA