『FX戦士くるみちゃん』1巻を読んでみた感想。

『FX戦士くるみちゃん』1巻

Webの原作マンガの感想はこちらに書きましたが、今回単行本1巻が発売されたとあって、さっそく読んでみました!!

ゆるふわな可愛い女の子キャラと、シビアで残酷な投資の世界という内容のギャップが印象的な作品。

主人公のくるみちゃんが、お母さんの無念を晴らすために、破滅ギリギリの道に足を踏み入れていく姿からは目が離せません。

かわいい外見とは裏腹に肝の座っているくるみちゃん

かわいらしい容姿の女子大生のくるみちゃんが、大人でも気後れするような投資のやり取りをバンバンやってのけ、成功していく所はとてもカッコよかったです。

くるみちゃんは外見とは裏腹に非常に頭がよく、FXの知識が多いようで、その点が純粋に尊敬できるキャラクター( *´艸`)

思えば、過去にFXでお金を失い発狂するお母さんに対しても、まだ中学生だったくるみちゃんはとても毅然として大人の対応をしており、本来的には内面が成熟したキャラクターなのがうかがえます。

「こんな展開ってあり!?」

お母さんがFXで2,000万円ものマイナス

あの落ちていく姿や、自殺を選んで家族をめちゃくちゃにしたエピソードが衝撃的すぎて(>_<)

思わず目を覆いたくなりそうなくらい胸がズキズキしました。
このエピソードは決して大げさではなく、わたしも含めてトレーダーにとっては、痛いほど実感していることでしょう。

まりえ

それくらい、FXには逆らうことのできない悪魔的な魅力があり、いつしかその恐ろしさの片りんを見せつけてくるのです。

この1巻ではそのようなFXに取りつかれてしまう中毒性やその恐ろしさを鋭く描写していると感じました。

くるみちゃん「FXで2000万稼いでやる!」

ここで「FXなんて…!」となりそうなものなのに、逆にくるみちゃんはトレードでお金を取り返そうとするなんて、FXに対してすごく因縁が深いんだなと思って読んでいました(笑)

「FXで2000万稼ぐ」という大きすぎる目標のために、やはりくるみちゃんは大きなリスクも背負っており、すぐに絶体絶命のピンチに陥ってしまいます。

下がっていくチャートの前で真っ青になり絶望するくるみちゃんの緊迫感は、萌え系の可愛い絵柄とのコントラストもあって凄まじいものがありました。

「寒い……」などのくるみちゃんのちょっとした台詞からも、リアルすぎる「投資の怖さ」がまざまざと伝わってきました。

トレードで負けたことがない人はこの世にいない

くるみちゃんにも描かれているようにヒトは精神的に決して強くありません。

わたし自身も利益が出ているときにはルンルン気分でいられけれど、含み損を抱えているときは、焦りとどうしようもない絶望を感じ、まだまだメンタル的に弱いな、もっと冷静にならなきゃな、と常々思っています。

「FX戦士くるみちゃん」ではローソク足の、あの気持ちに反した動きをするときが生々しく描かれていて、まさに自分の負けているときがフラッシュバックするよう。

その様子を客観的に見ることができ、「こんなんでもFXしたいか!!」と試されているような気持ちになりました。

禁断!お祈りトレードに走る

このマンガに登場する主人公「くるみちゃん」もその典型的な一人です。
初心者特有の楽観的な予想で、上か下かのみにしかローソク足をとらえることができません。

まりえ

そして資金が目減りしていく中で、いつか待っていれば自分の予想した方向へ戻っていくという都合の良い解釈で損切ができません。

最終的には祈りだすといった絵にかいたようなFX初心者の陥るようなパターンが視覚的にうまく描かれています。

魑魅魍魎の世界に挑み続けるのか?

FXの世界は自分の想像もつかないほどの経験をした玄人やファンドが金を奪い合う、いわば魑魅魍魎の世界です。

その世界にその恐ろしさを知らない初心者が来たら、もう真っ先に餌食にされ、一瞬で資金を溶かされること間違いなしです。

理論上では絶対ということはなくても、勝率の高いマイルールを作って、それに従順に進めて行けば、例え負けが続いても利益は出せるハズ。
でも目の前の現実(上がった・下がった)に惑わされてしまいがちですよね。

まりえ

くるみちゃんを読むことで、感情的にならず、いかに自分を信じられるかという訓練にもなるなーと感じています。

この作品はキャラクターがとても魅力的

頭がよく勝負強いくるみちゃんの他にも、味方のフリをしてくるみちゃんをピンチに追い込む友達の萌智子や、投資で身を持ち崩そうとする女の子たちと対比的に堅実で優しいお父さんなど、生き生きした登場人物がたくさん出てきます。

これからまた新しいキャラも出てくるようで、さらなる盛り上がりが期待できます。

1巻の最後、まぐれで爆益を得ていましね。

くるみちゃんは、さすが度胸はあります!

どんな情報にもかんたんに飛び付かず、自分の信念や方法、リスクなどを加味して進めて行けたら、きっとすごいトレーダーになるんだろうなー(・∀・)

『FX戦士くるみちゃん』Twitter感想

まとめ

FXの恐ろしさをとても可愛らしい少女漫画のようなタッチで描かれています。
それがかえってトレーダーの心理状態や臨場感をうまく浮彫りにしているように感じました。

またFXの難しい用語もほとんど出てこないので、これまでトレードとは無縁だった人もすんなり話が頭に入ってくる読みやすいマンガです。

読み終わる頃には「FXってこういうものなんだ!」という学びが得られるでしょう。

やはりお金を失うリスクが大きく、とても危険な世界なんだなと思わされますが、こういうふうにマンガで楽しく、投資の世界やそのリスクについて学べるというのはとても貴重なことだと思いました。

2巻も首を長くして楽しみに待ってまーす☆彡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA