ハーモニックパターンのインジケーターZUPの使い方を徹底解説!

ZUP

ハーモニックパターンは、フィボナッチ数列を使った分析手法です。

日本ではあまりポピュラーではないけれど、欧米では人気があります。
MT4インジケーターも配布されているのですよねー!

まりえ

今回ハーモニックパターンのMT4カスタムインジケーターの中でも特に有名な「ZUP」を見ていきましょう。

ハーモニックパターンとは

割と最近の分析手法で、現在進行形で新しいパターンも探し出されています。

パターン分析なので、決まった形状のチャートパターンを形成し、数多くの種類があります。

基本的なパターン4種類に加え、そこから派生したパターンが9種類もあり、最初は覚えるのが大(>_<)
まずは基本形からマスターしましょう。

\ハーモニックパターンを更に詳しく/

「ZUP」とは

ZUPアイコン

ZUPは海外のハーモニックパターンのカスタムインジケーターです。
ハーモニックパターンだけでなく、ZigZagやピッチフォークなどを複合的に利用できます。

ハーモニックパターンを使ったトレード手順
  1. ZigZagをチャート上に表示させ、チャート形状を見やすくする
  2. トレンドが発生したらフィボナッチを引く
  3. ハーモニックパターンの発生を確認したらトレード

ZUPでは、ZigZagで高値と安値を明らかにしてフィボナッチなどの計算をしてくれます。
さらに、ハーモニックパターン発生を線の色で示してくれるところまで自動でやってくれます◎。

まりえ

ZUPが示したハーモニックパターンからトレード判断するだけなので、ハーモニック分析が非常に楽になります!

ZUPは複数回のバージョンアップを重ねていて、パラメータや設定条件も更新ごとに増えていっています。
カスタマイズ性の高さも魅力的ですね!

ZUPのインストールの仕方

手順2
ファイルを解凍します。
手順3
データフォルダを開く
MT4を起動し、「ファイル」タブ→「データフォルダを開く」に進みます。
手順4
MQL4フォルダ「MQL4」フォルダ開きましょう。
手順5
Indicatorsフォルダ「Indicators」フォルダの中に、拡張子が「.mq4」または「.ex4」のファイルをドラッグ&ドロップで挿入します。
手順6
フォルダをすべて閉じ、MT4を一旦終了させてから再起動しましょう。「表示」タブ内の「ナビゲーター」を選択し、インジケーター一覧の中にZUPが入っていれば完了です。

 

ZUPの使い方

ZUPをチャートに挿入

ZUPをチャートに挿入すると、自動でパターンを描画してくれます。
デフォルトでは、パターンが発生していなければ線はピンク、パターンが発生した時にブルーに変わります。

ZUPはパターン認識系のインジケーターで、サインは出ません。
ZUPが描画するパターンを見てどのパターンが形成されているかをチェックします。

ZUPでハーモニックパターンを使ったトレードをするためにはある程度ハーモニックパターンの種類を頭に入れておく必要があります。

最初は基本的なものだけでも良いので形を覚え、少しずつ使えるようにしていくのがオススメです。

ZUPのデメリット

まりえ

公式マニュアルが英語しかないこと。

でも導入して動かしていけば操作はある程度分かってきます。

ZUPをチャートに挿入した後は、ハーモニックパターンをどれだけ覚えているか、という点がポイントになります。
なので、日本語表記がないことは特に問題にならないでしょう。

パターン分析に興味があるならオススメのインジケーター

ハーモニックパターンのインジケーター「ZUP」についてご紹介しました。
瞬時にフィボナッチを自動計算してくれるので便利ですね!

これからハーモニックパターンを勉強したい、と考えている方にもパターンの基本と実際にチャートに現れたパターンを照らし合わせて覚えていく練習にも有効。

ぜひ活用してみてくださいね。

\フィボナッチリトレースメントをマスター!/

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA