なぜFXで損切りできない?その心理と効果的な対策法をわかりやすく解説

損切りできな女性

なぜか分からないけど、適切なタイミングで損切りが出来ない…
そんな経験はありませんか?

まりえ

実際に多くの人が抱えてる悩みでもあり、わたしも初心者時代に何度も経験してきました。
今回はそんな方のために、まずは損切りが出来ない理由から考えて、結果的に損切りが出来るようになるマインドと対策法をご紹介致します。

この記事を読んで頂ければ、次のトレードからちゃんと損切りが出来るようになりますよ。

損切りができない理由

損切りできない女性

損切りが出来ない理由は至ってシンプルで、「人間とはそういうもの」だからです。

「それだけ?」と感じましたか??
でも、本当にそうなんです。

でも、このように言われている根本的理由を理解しているか否かでは、損切り技術は雲泥の差となります。

【プロスペクト理論】明らかにされた人間の本能

少々難しい話になりますが、理由として行動経済学のプロスペクト理論というものがよく挙げられます。

これは自分が自らの選択によって得られるものや失うもの、またはその確率について分かっていた場合、人間はどのような判断をするのか、という事が書かれている理論です。

プロスペクト理論を語るうえでは有名な疑問文ですが、以下の2つの質問にあなたはどちらと答えますか?

コインと地球

問1.あなたの目の前に100万円があります。

(A).コイントスで表なら100万円貰えるが、裏なら何も貰えない。
(B).コイントスをせずに50万円貰う。

問2.あなたには100万円の負債が…。

(A).コイントスをせずに100万円返済。
(B).コイントスで表なら借金が消えるが、裏だったら借金が200万円になる。

さぁどうでしょう。
あなたならどちらにしますか?

ギャンブルなどでよく重要視される期待値を考えてみると、どちらの問いもA・Bどちらを選んでも特に変わりません。

しかし、殆どの場合に人は(B)を選んでしまいます。
なぜでしょうか?

理由は最初にご説明した通り、「人間とはそういうもの」。
つまり人間の本能が深く関係してきます。

ヒトは「余裕があればリスクを避け、余裕が無ければリスクを取る」生き物

よくある光景で、稼ぎが著しく低く人生のどん底に居ると思い込んでいる人が、「ここで一発大逆転してやる!!」と全財産を競馬やパチンコなどの博打に突っ込んでしまうのが良い例です。

あれは一見大馬鹿者のように見えてしまいますが、人間の本能に忠実に従っている、ある意味正解の行動なんですね。

まりえ

しかし、その本能のままにFXなどの投資に手を出してしまうと間違いなく負けます。

その大きな要因の一つが、損切りが出来ないことです。

この理論をFXに置き換えると、含み益が出ている場合に人はすぐに利益確定をしたくなるが、損をしている時はその損を確定できず、結果的に損切りが出来ないという心理状況になっているという事です。

多くの商材やネットの情報などで「利益は伸ばせ!損切りは早めに!」とだけ書いていませんか?

もちろん間違った事は1つも言っていないのですが、実践するには根本的な理由と原因の理解を深めることが非常に大切。

その答えが、プロスペクト理論なんですね。

【必見!】効果的な対策法

「人間は本能に勝てないとも言うし、改善する事は不可能に近いのでは?」
残念ながら現実的な話、そうとも言えますね。

しかし、この理論通りに多くの人が行動しているからこそ、「勝ち続けている人」が存在するのも事実です。

よく耳にするのが「凄腕トレーダーは損切りが早い」という意見

500万円の含み損を顔色一つ変えずに損切りして、次のエントリーで1000万円回収してしまう様な、そんなトレードを見たことあるでしょうか?

まりえ

プロ専業トレーダーのリアルトレード動画などを見ていると、数百万単位で損切りしてもすぐ回収してしまうなんてことは頻繁に起きています。

何を1番伝えたいかというと「勝ち続けれる人」=プロスペクト理論の逆を行っている人なんですね。

8割以上の人間がプロスペクト理論と人間の本能に逆らえずに取引をしているのであれば、逆の2割以下の人間が勝ち続けるのは当たり前です。

トレードとはそういうものです。
とはいえ、頭では分かっていてもこの理論に打ち勝つのは非常に困難です。

予め決めた利確&損切りルールを守るor逆指値注文を入れる

そこで、購入した商材通りでも自分で決めても良いですが、ルールというものを厳密に守るんです。

インジケーターを使うのも視覚的に分かりやすいシステムですから、非常に効果的ですね。

まりえ

利食い幅は+〇〇pips、損切りは-〇〇pipsと、予め決めておいた数字に忠実に従いましょう。

しかし、これは初心者の方にはなかなか酷なものでしょう。

そこで、初心者の方や実際にリアルトレードで含み損が膨らんでしまったときに判断が揺らぎそうな方には、逆指値注文がオススメ。

逆指値注文とは、損失の許容限界を設定し、それを超える損失が出たら勝手に損切りするシステム。

細かい裁量が出来なくなってしまうというデメリットもあるため、中級者以上の方にはあまりオススメしません。

けれども手法が固まってさえいればプロでも普通に使っている方も多数いらっしゃいますので、とりあえずはやっておいて間違いない対処法です。

頭では分かっているつもりでも、やっぱりサクッと損切りできない人が多い…

利小損大

とはいえ大抵の人はこれが出来ません。
「なぜできないのか」という部分を知らないからです。

中途半端に知識を得ている人ほど、「まだ大丈夫だ。きっとここから上がるはず」と、いつまで経っても損切りが出来ない思考に陥ってしまうことが多いです。

プロスペクト理論という存在を認知していれば、たった1日や数日の負けが続いた事に一喜一憂しているようでは勝ち続けられない、とすぐに理解できるでしょう。

要は勝率などではなく、トータルで勝っていればいいのです。

トータルで勝ち続けるには、10勝7敗で収支マイナスより、7勝10敗で収支プラスが当たり前の世界だと認識しなければなりません。

この事実をきちんと飲み込んで臨めば、今日から8割のトレーダーに勝つ事ができますよ^^

まとめ

いかがでしたか?

損切りができないワケ&対処法のまとめ
  • 主に「プロスペクト理論」という人間の本能のせいで損切りできない。
  • 損切りをためらう事なく実行するには「定めた損切りルールを厳守する」ことが大切。
  • 自信が無ければ逆指値注文を利用する。
商材や本をたくさん買いあさり、まだ使いこなすことのできないスキルをいくつも覚えていっても、結局は損切りという初歩的な事ができずに大損をしているトレーダーは世にごまんといます。

何事も基本が1番大切ですから、まずは「利益は伸ばして損は早く切る」の本質を理解し、そこから応用を身に着けるようにしましょう。

まりえ

ぜひ実践してみてください。
少しでもあなたの役に立ったなら、うれしいです❤️

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


888倍のハイレバトレードができる! 入金ボーナスGet☆
XMの公式サイトはこちら
888倍のハイレバトレードができる! 入金ボーナスGet☆
XM公式サイトはこちら