国内と海外のFX業者、口座開設するならどっち?メリットとデメリットも紹介

地球儀とパソコンのキーボード

少し前までは国内業者でトレードするのが普通でしたが、最近ではハイレバレッジでボーナスもある海外FX業者が注目を浴びています。

国内・海外それぞれ良い面と悪い面があるので、ここではその違いについてご紹介します。

レバレッジは国内は一律25倍、海外は500倍程度

世界金融危機以前の国内FXでは国内FXでも最大レバレッジが数百倍の業者も少なくありませんでした。

ですが2011年8月、金融庁が個人口座の最大レバを25倍に規制

まりえ

さらに2018年の春ごろに最大10倍まで引き下げられるかも、というニュースが流れトレーダーの間で大騒ぎに。

現時点では最大25倍ですが、今後さらに厳しくなる見込みは十分にあります。

一方、海外だとレバレッジ規制がありません。

多くの会社が最大レバレッジ500倍程度でトレードを提供しており、日本人に人気のXMではなんと888倍!

FBSなら何と最大レバレッジ3000倍という驚異のハイレバトレードができちゃうんです^^

海外はゼロカットシステム、国内は追証アリ

証拠金維持率がある一定水準まで下がると強制ロスカットされますよね。
これは業者が顧客を守るために行っているシステム。

けれどもスイスフランショックなど相場が急変したときには根飛びが起こり、強制決済が間に合わないことも。

飛んでいくお金

マイナス残高の取り扱い方が国内と海外では違う

国内だとマイナス残高は追証としてすぐに業者に支払わなくてはなりません。

口座のマイナス=FX業者への借金。
入金したお金以上を失うケースも。

海外は「ゼロカット」システムを導入している業者が多くあります。

これは口座がマイナスになったら、そのマイナスを業者が0円に設定してくれる仕組みです。

マイナス分は業者負担。
トレーダーは入金額以上の損害は免れます。

これは、マイナスを業者が負担するから早く相場に復活してもらい、トレードで儲けてくれればFX業者もまた儲かることができるため、このようなシステムを置いています。

日本は、法律で業者が顧客の損失補填を禁じています。

海外ではほとんどの業者がゼロカットシステムですが、たまに未対応のところもあるので口座開設前にチェックしておきましょうね!

海外ならボーナスキャンペーンが豊富

ドル円ユーロ

海外ならではボーナスキャンペーン!
口座開設や入金などの条件で、ボーナスと呼ばれる資金をプレゼントしてくれます。

ボーナスは出金はできませんが、証拠金に充てられるので入金額以上のトレードができます。

まりえ

例えばXMでは口座を開設すると3000円のボーナスがもらえます。
そのため、いきなりその3000円ボーナスでトレードをスタートできちゃうんですね。

取引方式の違い

  • DD方式
  • NDD方式

国内はすべてDD業者、海外の多くがNDD業者で、一部DD業者です。

DD業者

トレーダーの注文をFX業者のディーラーが判断し、市場に流したり、他の注文と相殺します。

つまり、自分の注文が本当に市場に流れているのかはトレーダーには不明。

また、トレーダーとFX会社の利益が相反している状態なので、わたし達が負ければ負けるほど会社が稼げる仕組み。

注文方式が不透明なので、レートずらしなどのトレーダーに損な操作を行っているという噂が、ネットを中心に話のたねになります。

NDD業者

トレーダーの注文はそのまま市場へ流れます。
海外でNDD業者主流なのは不透明なDD方式を嫌う傾向があるから。

NDD方式は注文に透明性がある代わりにDD業者のように顧客を負かして稼ぐことは不可能です。

なのでスプレッドで稼ぐしかないので、やや広めというデメリットが。

税金の違い

税金

FXでの稼ぎが330万円以下なら海外FXが有利。
それを超える分に関しては国内の方が安くなります。

国内FXは一律20.315%(所得税15%+住民税5%+復興特別所得税0.315%)の申告分離課税

1万円稼いでも10億円稼いでも税率は一律。

海外FXは累進課税の総合課税

330万円までなら20%の税率で済みますが、それ以上稼ぐと国内よりも税率が高くなり、4000万円以上では45%の税率が適用されます。

まりえ

また国内なら3年間の損失繰越ができますが、海外の場合は損失を繰り越せません。

入出金は国内FXの方が便利

円

入出金関係は国内が早くで便利です。

海外FXでもオンラインウォレットサービスなどを導入して即時入金、即時出金などができるようになっていますが、基本的には海外送金での出金が主流。

海外送金で出金する際には2000~4000円の送金手数料がかかりますし、日数もかかります。

国内FXでは即日出金も対応。
この点では国内の方が圧倒的に便利ですね。

国内FXと海外FXを上手に使い分けよう

国内FXと海外FXの違いについて解説してきましたが、結論を言えば海外FXの方がオススメです。

取引の透明性や資産の安全性を考えても安心してトレードをすることができますし、レバレッジが高いため少額で早く資産を増やしていくことが可能になります。

上手な使い方としては短期トレードで海外FXで資産を大きくし、ある程度稼いだら一部の資金を残して国内FXの口座で低レバレッジで長期投資を行うという方法を使うと良いでしょう。

海外FXは怖いと思われがちですが、むしろ透明性が高く顧客の安全を保障した環境を提供しています。
国内業者と海外業者を上手に使い分けて賢く稼いでいくのが安心です。

XM 【完全版】たった2ステップでXMの口座を簡単に開設する方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


888倍のハイレバトレードができる! 入金ボーナスGet☆
XMの公式サイトはこちら
888倍のハイレバトレードができる! 入金ボーナスGet☆
XM公式サイトはこちら